ケータイキット for Movable Type

フィーチャーフォン・スマートフォン対応サイト構築を容易に。
マルチデバイスに対応したサイトを同時運用できるCMSを実現。

購入 お問い合わせ

ケータイキット for Movable Type は、Movable Type を携帯(フィーチャーフォン)、スマートフォンに対応させるためのプラグインです。 キャリア・携帯端末に合わせて画像や絵文字表示を最適化。さらに、携帯サイト用レイアウトを生かしたスマートフォンサイト構築にも対応しています。PC・携帯・スマートフォンサイトを一括管理するマルチデバイス対応に最適です。

価格・購入

Movable Type ソフトウェア版・クラウド版で利用できる「ケータイキット for Movable Type」、上位版の Movable Type Advanecd に対応した「ケータイキット for Movable Type Advanced」があります。

ケータイキット

ケータイキット for Movable Type 100,000円(税抜)
ケータイキット for Movable Type Advanced 800,000円(税抜)

※ ケータイキット for Movable Type のサポート期限は製品購入から1年となります。次年度以降は、1年ごとにサポート(予定価格30,000円/1年・税抜[2017年1月販売開始予定])をご購入ください。
※ ケータイキット for Movable Type Advanced は、次年度以降、メンテナンス(160,000円・税抜)をご購入ください。

購入 お問い合わせ

モバイルパック(ケータイキット+ Movable Type ソフトウェア版)

Movable Type モバイルパック 150,000円(税抜)

購入 お問い合わせ

特長・機能

スマートフォンにもフィーチャーフォンにも対応した
ワンソース・マルチデバイスを実現

Movable Type で構築したウェブサイトを、携帯電話(フィーチャーフォン)および iPhone、Android といったスマートフォンに最適表示させることが可能になります。

アクセスしたユーザーの機種に合わせて、サイトを自動変換して表示することができ、PCサイトと携帯サイト、スマートフォンサイトなど、ワンソース・マルチデバイス対応(複数デバイスに向けたコンテンツの同時運用)を簡単にします。

Webサイトやブログをスマートフォン/フィーチャーフォン対応に

画像最適変換

キャリアや端末の液晶解像度によって、対応する画像やそのサイズが異なります。アクセスした端末の液晶の解像度、色数、対応フォーマットに基づき、オリジナルの画像を最適な形式に自動変換します。

画像最適変換

絵文字最適変換

キャリアや端末の液晶解像度によって、対応する画像やそのサイズが異なります。アクセスした端末の液晶の解像度、色数、対応フォーマットに基づき、オリジナルの画像を最適な形式に自動変換します。

絵文字最適変換

自動ページ分割

同じコンテンツでも、新しい端末ではひとつの長いページとして、古い端末では複数のページとして、 その端末のキャッシュサイズに基づき自動的にページ分割をします。長い記事を意図的にページ分割することも可能です。

自動ページ分割

900機種以上の携帯端末情報を内蔵

端末ごとに最適な変換をおこなうために「900機種以上」のデータが含まれた携帯端末情報データベースが含まれています。液晶解像度、キャッシュサイズ、対応画像フォーマット、Flash対応状況などが含まれているので、キャリア/機種ごとのサイトコンテンツの出し分けにご利用いただけます。データベースは2週間に一度、新機種が発売されるごとに更新されます。

900機種以上の携帯端末情報を内蔵

文字コード変換/カタカナ半角変換

文字コードとカタカナを自動的に変換します。

文字コード変換/カタカナ半角変換

フィーチャーフォンからのコメント投稿/検索

Movable Type に標準搭載されているコメント機能や検索機能もサポートします。ユーザーからの入力を適切な文字コードに変換し、PC向けのブログと同じようにこれらの機能を使うことができます。

フィーチャーフォンからのコメント投稿/検索

スマートフォン最適表示

スマートフォン最適表示

「ケータイキット for Movable Type」で作成した携帯サイトのレイアウトに、CSS、JavaScriptを組み合わせてスマートフォンにも最適化。スマートフォンからのアクセスを判別し、自動で表示切り替えて表示します。

Movable Type のスマートフォン対応について

Movable Type で構築するウェブサイトをスマートフォンに対応させたい場合、以下の2つの方法があります。

ケータイキットを利用し、スマートフォン専用サイトを作成

ケータイキットを利用し、スマートフォン専用サイトを作成する

ケータイキットは、フィーチャーフォンだけではなく、スマートフォン専用サイトも生成可能です。スマートフォン判別タグの追加することで、スマートフォンからのアクセスを判別して、それぞれに調整して作成されたレイアウトを出し分けます。もちろん、ワンソース・マルチデバイス対応で、記事を更新すれば、スマートフォン・フィーチャーフォン・PCサイトに向けてそれぞれのページを自動で生成します。

レスポンシブWebデザインでサイトを作成

レスポンシブWebデザインでサイトを作成する

レスポンシブWebデザインとは、1つのHTMLファイルを、CSS3(Media Queries)で制御し、ブラウザーの横幅サイズに応じたページのレイアウトを自動的に表示するデザイン手法です。Movable Type には、Rainier・Eiger というレスポンシブWebデザインに対応したテーマが搭載されており、これらを調整して構築することで、レスポンシブWebデザインのウェブサイトを作成することができます。

フィーチャーフォン対応も同時に必要な場合や、スマートフォン専用サイトを生成して、アクセスされるデバイスによって出し分ける形で運用を希望される場合は、ケータイキットのご利用が便利です。

フィーチャーフォン対応が必要なく、レスポンシブWebデザインによってスマートフォンに対応される場合は、プラグインを追加購入いただく必要はありません。

管理画面については、標準でスマートフォン対応しており、スマートフォンで閲覧いただくと、最適化された形で表示されます。

動作環境

ケータイキットプラグイン動作環境

  • Movable Type 5.0以上、Movable Type Advanced 5.0 以上
  • PHP 4.3以上が動作するWebサーバー
  • GD(PHPライブラリ)またはImageMagick(コマンドライン)

プラグイン・ソリューションが目的別に選べます

Movable Type ソフトウェア版は無料トライアルが可能です。
ライセンスの購入、クラウド版の申し込みは、製品購入からお進みください。

Movable Type 全般に関しての疑問や、導入に際してのご相談など、コンサルタントに直接ご相談いただける予約制の相談会を開催しています。

Movable Type 導入相談会のご案内

ドキュメントやユーザー向けの情報はこちら

Movable Type のくわしい使い方や、タグリファレンス、開発者向けのドキュメントなどは、MovableType.jp で公開しています。プラグインやテーマは、プラグインディレクトリをご覧ください。