SiteLock
コンテンツの高速配信&負荷分散で表示遅延による機会損失を防ぐ
転送量無制限・従量課金なしのCDNサービス
提供:GMOクラウド株式会社 販売:シックス・アパート株式会社

SiteLock CDN は、国内2拠点(東京・大阪)を含む世界30拠点の高速配信ネットワークを活用して、ウェブサイトのパフォーマンスを向上させます。

最も近いキャッシュサーバーが利用されることで、ウェブサイト閲覧時の表示遅延や404エラー等によるストレスを回避。急なアクセス増など高負荷状態でも、安定したウェブサイト運用を実現。配信速度の向上により、ページ読み込み時間を短縮でき、表示遅延による機会損失を防ぐのにも役立ちます。

定額料金制で、従量課金なし。長期利用はもちろん、期間限定で高負荷が予想される期間のみのスポット利用など、1カ月から手軽に利用できます。

SiteLock CDN 拠点

料金・申し込み

SiteLock CDN は、ECバイヤーズ(各種支払い方法に対応)にてお申し込みいただくか、クレジットカード払い・請求書払い(毎月自動更新)のいずれかでシックス・アパートに直接お申し込みください。

初期費用 0円
月額料金 5,000円/月(税抜)
転送量課金 なし
HTTP/2対応 あり
サポート 無料
契約期間 1カ月単位で更新

※ 1契約につき、1個のFQDNを登録できます。
※ 最低利用期間、解約に伴う手数料はありません。
※ ECバイヤーズのみ1年一括払い(60,000円/年・税抜)が可能です。
※ ご契約後の技術サポートはGMOクラウド社が行います。

Movable Type および MovableType.net で構築されているウェブサイトに導入される場合は、初期設定代行サービスをご用意しています。

SiteLock CDN の特長

頼れるキャッシュ技術

画像、HTMLなどの静的コンテンツだけでなく、表示速度に影響を与えやすい動的コンテンツのキャッシュ配信も標準対応しています。

ウェブサイトのレスポンス改善

ウェブサイトの読み込み時間を早め、サイト訪問者の直帰率を低減できます。これにより、機会損失を防ぐことができ、ウェブサイトの価値が高まります。

HTTP / HTTPS 通信標準対応

HTTP / HTTPS 通信いずれも対応。常時SSL化されたウェブサイトでも、SiteLock CDN の導入でHTTPS通信を高速化が可能です。

転送量制限・従量課金なし

SiteLock CDN は、初期費用不要、月額5,000円で従量課金なしの定額料金制です。ご利用状況を気にすることなく、安心してサイト運用に集中できます。

1カ月単位の契約もOK

長期利用はもちろん、導入前の検証や、期間限定で高負荷が予想される期間のみのスポット利用など、CDNを1カ月から手軽に導入できます。

かんたん設定でらくらくスタート

ハードウェア、ソフトウェアのシステム改修など一切不要。手間なく、かんたんにCDNを導入して、ウェブサイトのパフォーマンス向上を図れます。

SiteLock の最適化技術について

SiteLock CDN には、ウェブサイトのパフォーマンスを最適化するキャッシュ技術に加え、
さまざまなコンテンツおよびネットワークの最適化技術が搭載されています。

主なキャッシング技術
静的コンテンツ対応 ウェブサイトを構成するHTML、JavaScript、イメージ画像といった静的コンテンツをキャッシュし、SiteLock CDN の高速配信ネットワークを通じて世界へ配信します。
動的コンテンツ対応 アプリケーションによって生成される動的コンテンツにも対応。独自技術でウェブサイトのプロファイリングを行い、サイト訪問者に応じて変化する動的コンテンツのうち、変化のないコンテンツをキャッシュして最適化します。
人気コンテンツの識別 頻繁にリクエストされる使用頻度の高いコンテンツを識別して、より高速に配信できるよう最適化を行います。
柔軟なキャッシュ管理 ウェブサイトのリニューアルや日々の更新作業時には、SiteLock CDNのキャッシュを削除(パージ)できます。削除する際は、サイト全体または特定コンテンツを選択可能。これにより、常に最新コンテンツを高速かつ安定して配信できます。
その他の最適化技術
コンテンツ、ファイル圧縮 コンテンツやファイルのミニフィケーション(細分化)を行います。ウェブサイトの動作に影響を与えることなく読み込み時間を短縮するために、不要な文字(空白やコメントなど)を削除してファイルサイズを縮小します。
画像圧縮 画像圧縮をJPEGおよびPNG画像に適用して、読み込み時間を短縮できます。圧縮されると、画像のメタデータは省略され、画像データ自体が圧縮されます。
TCPの最適化&コネクションプール
(キープアライブ)
通常のウェブセッションは、セッション中に動的に多くのTCP接続を開く、または閉じる可能性があり、特定のオーバーヘッドが発生し、パフォーマンスが低下する原因になります。SiteLock CDNでは、セッション全体で常に開いているTCP接続をいくつか維持し、速度と接続性を改善します。
プログレッシブイメージレンダリング 画像圧縮をさらに強化することで、画像はより速く表示され、細かい解像度でレンダリング(画像・映像・音声などを生成)されます。レンダリング段階では、画像が「ピクセル化」して表示されることがありますが、品質の低下なしで表示されます。

かんたん導入、設定代行サービスも

シックス・アパートに直接申し込む場合

お申し込みからアカウント発行まではカンタン&スピーディー。シックス・アパートに直接お申込みいただく場合、決済完了後、ログインIDと仮パスワードが即時に発行され、管理画面にログインして設定を開始することが可能です。

フォームからお申し込み

クレジットカード払いか、請求書後払いで申し込み可能です。

ログインID・仮パスワードを即時発行

フォームに入力されたアドレスにメールが届きます。

初期設定代行サービスを申し込まれた場合は、必要事項をお知らせするメールも届きますので、案内に沿ってご対応ください。3営業日程度で初期設定が完了します。

SiteLock CDN 管理画面にログイン

必要な初期設定を行なってください。

利用開始!

必要な設定が完了すれば、CDNを利用したコンテンツ配信スタート!

ECバイヤーズにお申し込みいただく場合は、ECバイヤーズのサイトをご確認ください。

Movable Type/MovableType.net 向け初期設定代行サービス

Movable Type ソフトウェア版、クラウド版および MovableType.net で構築されているウェブサイトに導入されるお客様には、シックス・アパートによる初期設定代行サービスをご用意しています。

フォームから申し込む際に「初期設定代行サービスを申し込む」にチェックを入れてください。初期設定は3営業日で完了します。

設定代行サービス料金 50,000円(税抜)

※ SiteLock CDN のお申し込み同時にお申し込みいただく形となります。
※ 初回支払い時に、SiteLock CDN 初月ご利用料金5,000円と設定代行サービス料金50,000円、計55,000円が課金され、翌月以降、SiteLock CDN ご利用料金5,000円のみの課金となります。
※ MovableType.net「アドバンス250」プランについてのみ、SiteLock CDN と設定代行が MovableType.net の利用料金に含まれているため、別途お申し込みいただく必要はありません。

初期設定代行サービスを利用される場合は、下記「SiteLock CDN 初期設定代行サービスに関する同意項目」に同意のうえ、お申し込みください。

導入事例

SiteLock CDN は、シックス・アパートでも利用しています。
導入を担当した、当社 IT/MISマネジャーの草野と、マーケティング シニアマネジャーの澤がインタビューに答えました。

マーケティング シニアマネジャー 澤、IT/MISマネジャー 草野

左から、マーケティング シニアマネジャー 澤、IT/MISマネジャー 草野

interview
CDNを導入するに至った経緯は?
草野

草野

Movable Type は基本的にスタティック(静的)にファイルを生成するので、急なトラフィック増加には強いシステムです。とはいえ、さまざまな要因で急激にアクセスが増え、アクセスが一時的にでも途絶えてしまうことがあれば、機会損失が生まれてしまいます。シックス・アパートでは、働き方改革に対応したテレワークをいち早く取り入れた取り組みが話題になり、テレビなどで紹介されることが増えました。それにより、普段よりも2桁も多いトラフィックが流れ込んでくることがあったのですが、事前にCDNによる対策をしていたため、安定したサイト閲覧ができる状況を保つことができました。
interview
SiteLock CDN を選んだ理由は?
草野

草野

一般的にCDNの導入には、面倒な設定の手間と従量制のコストがかかります。以前利用していたCDNにもそういった課題がありました。SiteLock CDN なら、定額の利用料金でコストを削減でき、さらに、ウィザード(※)に従って入力していくだけで基本的な設定ができてしまう簡単さが、大きなメリットであると感じました。また、初期状態で、静的なサイトだけでなく動的なサイトにも対応し、キャッシュや画像の圧縮、付加機能が適切な状態で用意されていたところも、導入の決め手になりました。

※ SiteLock CDNでは、3ステップのウィザードを利用してCDNの初期設定を行います。

interview
実際に SiteLock CDN を導入して、どうでしたか?
草野

草野

ウィザードによって設定の手間が省けた分、検証やテストに時間をかけることができました。また、セキュリティ関連の機能も簡単なUIで設定できるので、緊急時にはありがたいと思いました。例えば、どこかのIPから攻撃を受けたときには、SiteLock CDN でそのIPからのアクセスをロックすれば、サーバーへの攻撃をそこで防ぐこともできます。また、導入後と導入前を比べたところ、サイトの表示速度は安定し、速くなりました。CDNの導入の仕方によっては問題に障害となるキャッシュの更新タイミングや動的ページサイトへの挙動対応、ユーザー認証などについても問題はありませんでした。
interview
そのほか、SiteLock CDN 導入のメリットと感じられることは?
草野

草野

従来、システム担当者は管理画面とお客さまが閲覧するページの両方の面倒を見て、負荷が増えたときの対策を考えていました。しかし、閲覧側を SiteLock CDN に任せることで、調整しなければならないものが1つに減ったので、負担が削減されています。SiteLock CDN は、ダッシュボードも分かりやすいので、システム担当者が社内にいないときでも、外部から他の社員に指示を出して設定を調整することもできました。
interview
Movable Type と SiteLock CDN との連携については?
澤

Movable Type には、自社で用意したサーバーにインストールして利用するソフトウェア版だけではなく、クラウド版とWebサービス版(MovableType.net)もあります。それらと SiteLockCDN を連携しやすい形でご提供できれば、弊社のお客さまにより多くのメリットをもたらすと思います。

シックス・アパートでも、過去には、テレビ放映時や、リリースのタイミングなどに、ページの表示が遅くなり、訪問されたお客さまにストレスを感じさせてしまったこともありました。そうなれば、お客さまにご迷惑をおかけすることはもちろん、離脱も増え、大きな機会損失につながります。今は SiteLock CDN のような、比較的容易に導入できる、コストパフォーマンスのよいサービスがあるので、導入しておくことで、そういった事態を避けられ、快適にウェブサイトをご覧いただくことが可能になります。結果として、スムーズなお問い合わせや資料ダウンロード、購入といったコンバージョンにつながるのではないでしょうか。

SiteLock CDN のお申し込み

page top