プレスリリース

シックス・アパートのプレスリリースです。

  広報へのお問い合わせ 記事一覧

2007年 12月13日(木)

シックス・アパートが、最新ブログ・ソフトウェア「Movable Type 4.1」を発表

ブログ・ソフトウェア大手のシックス・アパート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:関 信浩)は、ウェブサイト管理を容易にするCMS(コンテンツ管理システム)機能を強化したブログ・ソフトウェアの最新版「Movable Type 4.1」を提供します。製品版の出荷は2008年1月下旬を予定しています。製品の出荷に先立ち、2007年12月14日より同製品の公開ベータテストを開始します。

プレスリリース資料

「Movable Type 4.1」での最大の強化点は、CMS機能として高いニーズがある「カスタムフィールド機能」を基本機能として標準搭載することです。カスタムフィールド機能を利用することで、ブログ記事やウェブページ作成時の、管理画面の入力項目を、任意に追加・拡張することができるようになり、ウェブサイトの運用・管理の手間を大幅に削減することが可能です。これまでも同様な機能を持つプラグインがありましたが、「Movable Type 4.1」では、システムの基本機能として統合することで、操作性やカスタマイズ性がさらに向上し、CMSとして様々な種類のウェブサイトの制作に対応することが可能になります。

さらに、デザインのカスタマイズ性も向上しています。「Movable Type 4.1」では、ウェブサイトを作成するテンプレートをまとめてテンプレートセットとして管理・設定する機能を新たに提供するほか、ブログ記事を編集するエディタ機能を任意の外部ソフトウェアに変更する機能も追加し、多様なニーズにあわせた柔軟なサイト管理を実現します。

シックス・アパートでは、使い勝手の良いブログの投稿・閲覧・管理機能を強化していくとともに、今後も商用利用に必要不可欠なCMS機能の強化を行い、企業のウェブサイト全体を管理するためのソフトウェアとして進化を続けてまいります。12月14日から開始する「Movable Type 4.1」公開ベータテストによって利用者の皆様から寄せられる重要なフィードバックを反映させ、正式な製品版として2008年1月下旬より出荷する予定です。

価格は、現行のMovable Type 4から変更ありません。Movable Type 3からMovable Type 4へのバージョンアップ基本ライセンスの提供は、予定通り12月26日で終了します。また、個人利用に限り無償で利用できる「個人ライセンス」は、今までどおり提供します。

シックス・アパートでは、「Movable Type 4.1」のベータ開始に併せ、世界共通の取り組みとして「Movable Type Open Source プロジェクト」を開始します。このプロジェクトでは、Movable Typeのコア部分をオープンソース・ライセンス※1(GNU General Public License)で公開し、コア部分の開発プロセスをオープン化します。このプロジェクトにより、高機能な商用プロダクトの開発と、オープンソース開発コミュニティとの相互のフィードバックを組み合わせることが可能になり、Movable Typeのプラットフォームとしての進化をさらに加速していきます。なお「Movable Type 4.1」に搭載されるカスタムフィールド機能は、オープンソース・ライセンス版には含まれません。

「Movable Type 4.1」およびMovable Typeオープンソース・ライセンス版については以下ウェブサイトをご参照下さい。

Movable Type 4.1のベータについて

Movable Typeオープンソース・ライセンス版について

※1 GNU General Public License(GPL)は、プログラムの著作物の複製物を所持している者に対し、プログラムの実行、動作確認、改変、複製物の再頒布、改良および改良を公開する権利などを許諾するライセンスのこと。

Movable Type 4.1の主な機能強化

1. カスタムフィールド機能の提供

CMS機能として高いニーズがある「カスタムフィールド機能」を基本機能として標準搭載。ブログ記事やウェブページ作成時の管理画面の入力項目を、任意に追加・拡張することができるようになり、ウェブサイトの運用・管理の手間を大幅に削減することが可能です。

2. テンプレートセットの提供

従来は1つずつテンプレートを編集する必要がありましたが、「Movable Type 4.1」ではウェブサイトを作成するテンプレートをまとめてテンプレートセットとして管理・設定する機能を新たに提供し,カスタマイズが一層簡単になりました。

3. 記事編集機能の強化

ブログ記事を編集するエディタ機能を任意の外部ソフトウェアに変更する機能も追加し、多様なニーズにあわせた柔軟なサイト管理を実現します。

価格およびバージョンアップ基本ライセンスの販売終了

「Movable Type 4.1」基本ライセンスパック(1サーバー・5ユーザー)の価格は、従来と同じ、52,500円(税込・初年度サポートは別料金)からとなります。また、現在実施中の「Movable Type 3」から「Movable Type 4」へのバージョンアップ基本ライセンス(1サーバー・5ユーザー。21,000円)の提供は、予定通り2007年12月26日で終了いたします。なお「Movable Type 4」のお客様は、無償で「Movable Type 4.1」へバージョンアップが可能です。

Movable Typeについて

Movable Typeは、強力なカスタマイズ機能を備える、ブログ・ソフトウェアです。2001年の登場以来、魅力的で表現力の高いブログを作成する機能を、高い拡張性とカスタマイズ機能とあわせて、提供し続けています。 サーバー・ソフトウェアとして開発・提供されてきたMovable Typeは、トラックバック、各種APIといったオープンで高機能な特徴に加え、サードパーティが提供する広範囲な機能拡張(プラグイン)などにより、Webサイト更新のために簡単なCMS(コンテンツ管理システム)ツールとして、またRSSやトラックバックを利用したコミュニケーションツールとして、個人だけでなく企業での利用も急激に普及しています。

シックス・アパート株式会社について

シックス・アパート株式会社は、米シックス・アパート(本社:カリフォルニア州サンフランシスコ)の日本法人として、法人向けから個人向けまで幅広いブログ・ソリューションを提供しています。ウェブサイトの管理機能(CMS機能)などを備えたブログ・ソフトウェア「Movable Type」は、世界中の企業ユーザの広報、ウェブ・マーケティングツールとして採用されています。また、同等の機能をASP型で手軽に利用できる「TypePad Japan」、企業内外の情報共有向けとしてMovable Typeを社内システムと連携しやすく機能強化した「Movable Type Enterprise」を販売しています。全国250以上の加盟企業を誇るパートナー制度「ProNet」に加盟するパートナー企業を通じて、最新のウェブ、ブログ・ソリューションをお届けしています。

また、個人向けのブログ・サービスとして、コミュニティ(SNS)機能を強化し、動画や音楽などを安全に共有できる無料ブログ・サービス「Vox 日本語版」を提供しているほか、TypePadのOEM版により、ニフティの「ココログ」やNTTコミュニケーションズの「ブログ人(じん)」をはじめ、多くのISP企業にサービスを提供しています。

シックス・アパート社についての詳しい情報は、企業ブログ(www.sixapart.jp)をご覧ください。

プレスリリースに関するお問い合わせ窓口

シックス・アパート株式会社 広報担当

電話番号:03-5549-2171(広報)
電子メール:pr@sixapart.jp

Six Apart、Movable Type、TypePadはSix Apart Ltd.の登録商標です。本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

nakayama   13:01