Movable Type

Staging Pack

Movable Type と、開発・ステージング・本番の3環境の同期を実現
プラグインを同梱したお得なセットで、
安全な運用とコンプライアンス管理を確実に

購入 お問い合わせ

「Movable Type ステージングパック」は、Movable Type のライセンスと、管理するディレクトリ配下のファイルを別の環境に同期させるためのプラグイン「Uploader for Movable Type」をセットにしたお得なセット製品です。開発・ステージング・本番の3環境の同期を実現でき、CMSと公開環境を分離することで安全なウェブサイト運営が可能になります。

価格・購入

セット製品 単体製品
Movable Type 7
ステージングパック
Uploader
for Movable Type
販売価格 250,000円(税抜) 200,000円(税抜)
それぞれで購入した場合 290,000円(税抜)
(MT7 90,000円 + Uploader 200,000円)
Movable Type ライセンス 付属する 付属しない
ユーザー数 無制限 無制限
インストール可能サーバ数 1 1

※ 付属する Movable Type 7 は、Movable Type 7 と Movable Type 6 の両方をダウンロード可能で、いずれかを利用できます。
※ Uploader for Movable Type は Movable Type 7 に対応しています。Movable Type 6 で利用できるバージョンもダウンロード可能です。
※ Movable Type 7 には、購入後1年間のメンテナンスが付属しています。
※すでにMovable Type のライセンスをお持ちの方でも、「Uploader for Movable Type」(200,000円・税抜)単品をご購入いただくことで、ステージングパックと同等の機能を利用できます。

ライセンスには、下記の2種類があります。

  • オンライン版

    メール納品(即日)

    ECバイヤーズ、およびシックス・アパートから直接購入いただけます。ライセンスコード登録済みのユーザーサイトログインID(SAID)がメールで送付されます。ご記入いただいた内容に不備がない限りは即日納品となります。
  • パッケージ付き[パッケージ手数料:1本につき3,000円]

    メール納品(即日) + 印刷された証書パッケージの納品

    シックス・アパートから直接購入いただけます。ライセンスコード登録済みのユーザーサイトログインID(SAID)がメールで送付され、さらに3営業日以内に証書のパッケージが宅配便で納品されます。ライセンスの代金に加えて手数料が3,000円追加されます。
ECバイヤーズで購入

オンライン版
各種支払方法対応

シックス・アパートから購入

オンライン版/パッケージ付きを選択可能
クレジットカード払い/請求書後払い

※ECバイヤーズは、ソフトバンク・テクノロジー株式会社が運営するシックス・アパート公認のECサイトです。自動更新サービスにも対応し、豊富なお支払い方法(クレジットカート払い・コンビニエンスストア払い・請求書払いなど)が選択できます。また、見積書、請求書、納品書、領収書などのオンライン書類発行も可能です。

Uploader for Movable Typeは、30日間無料でお試しいただけるトライアル版も用意されています。トライアルをご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

特長・機能

付属する Uploader for Movable Type が、Movable Type に以下のような機能を追加し、より安全な運用とコンプライアンス管理の徹底を可能にします。

3段階の環境を実現

3段階の環境を実現

Movable Type がインストールされたサーバーを開発環境とし、そこから、ステージング環境、本番環境の2種類の同期先を指定できます。

ローカルサーバー同期

ローカルサーバー同期

同一サーバー内の異なるディレクトリにファイル同期することができます。VirtulHostの設定で、開発環境、ステージング環境、本番環境、の3つの環境構築を実現します。

リモートサーバー同期

リモートサーバー同期

リモートサーバーとしてステージング環境、本番環境がある場合、FTP、FTP(明示的な暗号化)、SFTP通信でファイル同期することができます。

複数の同期先指定

ステージング、本番、それぞれに対して同期先を複数指定できます。複数台サーバーへの同期も可能です。

スケジュール予約転送

設定した時刻(run-periodic-tatksなどのタイミング)にスケジュール転送を行って同期できるため、確認済みのコンテンツを深夜や早朝に自動公開するといったことも容易です。

同期不要ファイルの指定

公開サーバーに同期したくないディレクトリやファイルを、拡張子やファイルパスの前方一致により指定可能。サーバーごとに異なる設定ファイルやログファイルなどを同期対象から除外することができます。

同期権限の管理

公開サーバーと同期したくないファイルの除外や、配信権限の設定、同期結果通知先複数設定など、コンテンツの配信ルールを細かく指定することができます。

同期ファイル選択機能

コンテンツ配信ルールで除外設定した拡張子、ディレクトリ・ファイル以外にも、一時的に同期しないファイルを管理画面から手動で除外することができます。

同期ファイルを一定期間保管

配信したファイルは一定期間、一時ディレクトリに保存します。一時ディレクトリのファイルは、任意の期間で自動削除できます。

配信ログの参照

管理画面から同期情報および同期エラー情報を参照でき、配信先、配信したディレクトリ・ファイルの参照が可能です。

デバッグモードの設定

リモートサーバーへのファイル転送が正しく動作確認ができない場合、mt-config.cgi に環境変数を設定することで、詳細なデバッグログを出力することができます。デバッグレベルを上げ、CPANモジュールレベルの通信ログの参照も可能です。

編集画面での同期設定新機能

設定のページに移動せずに、記事/ウェブページ/コンテンツの編集画面から更新と同時に同期予約ができます。対象ファイルの選択も編集画面から可能。対象コンテンツに紐づくファイルにはマークが付き、選択すべきファイルの判別もできるようになっています。

同期ファイルの自動選択新機能

記事/ウェブページ/コンテンツの編集画面から同期設定を行う際に、手動でファイルを選択することなく、該当コンテンツに関連するファイル(アセットを含む)をデータベースから自動的に選択し、同期することができます。

指定日公開/非公開に対応新機能

コンテンツの日時指定公開・非公開の際に作成または削除されるファイルに対し、設定された時刻での自動同期を設定することが可能。未来に作成されるファイル、未来に削除される既存ファイルの同期に対応します。

プラグイン・ソリューションが目的別に選べます

Movable Type ソフトウェア版は無料トライアルが可能です。
ライセンスの購入、クラウド版の申し込みは、製品購入からお進みください。

Movable Type 全般に関しての疑問や、導入に際してのご相談など、コンサルタントに直接ご相談いただける予約制の相談会を開催しています。

ドキュメントやユーザー向けの情報はこちら

Movable Type のくわしい使い方や、タグリファレンス、開発者向けのドキュメントなどは、MovableType.jp で公開しています。プラグインやテーマは、プラグインディレクトリをご覧ください。

movabletype.jp
page top