プレスリリース

シックス・アパートのプレスリリースです。

  広報へのお問い合わせ 記事一覧

2018年 5月16日(水)

コンテンツの価値を最大化する CMS プラットフォーム「Movable Type 7」出荷開始

~ 柔軟なコンテンツ制作・管理、配信先に合わせた最適化した表示が可能に。
企業の信頼される情報発信を支える「コンテンツ・ハブ・プラットフォーム」に進化 ~

2018年5月16日

プレスリリース資料

CMS(コンテンツ管理システム)および関連サービス大手のシックス・アパート株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:古賀 早)は、本日、CMSプラットフォーム Movable Type の最新バージョンとなる「Movable Type 7(ムーバブル・タイプ セブン)」のソフトウェア版の出荷、ならびにクラウド版での提供を開始いたしました。

mt7.png
[Movable Type 7 ロゴ]

Movable Type は2001年10月にサンフランシスコでブログツールとして誕生し、現在は国内5万社以上の企業、自治体、教育機関、官公庁などのウェブサイト構築に活用されている CMS プラットフォームです。情報発信の要であるウェブサイト構築・運用のためのシステムとして、安全性や信頼性を評価され、多くの団体に選ばれてきました。Movable Type を活用したウェブサイト制作は、全国300の ProNet パートナーが支えています。また、Movable Type のユーザーグループは北海道から沖縄まで14カ所に広がっています。

コンテンツの可用性を高める「コンテンツ・ハブ・プラットフォーム」に

オンラインに玉石混淆の膨大なコンテンツが存在する中で、企業や団体が自ら発信する公式サイトは、それぞれの分野においての信頼できる情報源であることが求められています。コンテンツの配信先もウェブサイトに加えて、各種アプリやデジタルサイネージ、ウェアラブルデバイスなど、日々新しい環境が増えています。

コンテンツの配信先デバイスの変化に柔軟に対応し、受け手に信頼される情報を発信し続けるために、Movable Type 7 は情報を届ける人と受け取る人の両者をスムーズにつなぐ「コンテンツ・ハブ・プラットフォーム」に進化しました。

MT7_ContentHubPlatform.png
[Movable Type 7 が実現する、コンテンツ・ハブ・プラットフォーム]

Movable Type 7 の主な機能と特長

<コンテンツ制作・管理のための新しいデータ形式「コンテンツタイプ」>

コンテンツタイプとは、従来の記事・ページ形式に加えて新たに追加されたコンテンツ投稿の仕組みです。記事・ページ全体も、またそれよりも粒度の小さい情報のまとまりをコンポーネント化して管理することができます。情報を細分化して管理することにより、コンテンツを作りやすくなり、その再利用性も高まります。コンテンツタイプを複数組み合わせて、ひとつのコンテンツを作ることも可能です。

<多種のコンテンツフィールドとブロックエディタで、構造化されたデータを簡単に追加できる新しい投稿画面>

テキスト・画像・ビデオ・URL・日付と時刻などのコンテンツフィールドを組み合わせ、コンテンツに必要な要素を過不足なくまとめたわかりやすい投稿画面を設計できます。長文テキストは、見出しや画像などをブロックとして組み合わせて作成可能。誰がコンテンツを入力しても、デザイン要素と分離した構造化されたデータが作成できるため、複数の人が関わる運用の現場で役に立ちます。

<さまざまな形でコンテンツの出し入れを可能にする「Data API」>

Data API は、REST/JSON方式で Movable Type にアクセスし、データの取得や更新ができるAPIです。コンテンツタイプにも対応しているため、必要な要素のみを呼び出してアプリで利用するなど、他のプラットフォームとの連携などを容易に行うことができます。

<Movable Type 7 スクリーンショット>

Movable Type 7 ダッシュボード
[Movable Type 7 ダッシュボード]

サイトのダッシュボード
[サイトのダッシュボード]

コンテンツタイプ
[コンテンツタイプ
"イベント・セミナー"の管理]

コンテンツタイプ
[コンテンツタイプ"講師"に
URLフィールドを追加]

コンテンツタイプ
[コンテンツタイプ"講師"に
データを追加]

ブロックエディタで、要素を追加
[ブロックエディタで要素を追加]

Movable Type 7 製品ラインナップと価格

価格(税抜)ライセンス概要
Movable Type 7
(1サーバー・無制限ユーザー)
90,000円 Movable Type ソフトウェア版のライセンスです。購入から1年間のメンテナンスが付属しています。
Movable Type 年間メンテナンス
(1年)
30,000円 最新バージョンおよびテクニカルサポートの提供を受けるためのライセンスです。Movable Type 7 ライセンスには1年間のメンテナンスが含まれ、本ライセンスを購入することでメンテナンスを継続可能です。
Movable Type 6 をお持ちの方は、本ライセンスのみで Movable Type 7 にバージョンアップが可能です。
Movable Type ワークフローパック
(1サーバー・無制限ユーザー)
130,000円 Movable Type 7 ソフトウェア版のライセンスと、ワークフロー機能を追加して記事の公開申請、承認処理をするためのプラグイン「CheckRelease for Movable Type」をセットにしたパッケージ製品です。別々に購入するよりも4万円お得です。
Movable Type クラウド版 月額 5,000円〜 Movable Type クラウド版は、クラウド環境にインストールされた最新版の Movable Type をそのまま利用するサービスです。月額の利用料にメンテナンス(テクニカルサポートと最新バージョンの提供)が含まれます。
Movable Type for AWS 0.07ドル / 時間
499ドル / 年
Movable Type がインストールされた、OS込みの Amazon Machine Image(AMI)です。Marketplace から数クリックで簡単に Amazon EC2 サーバー上に環境を構築できます。
※AWS Marketplace では AWS による審査の上、公開されます。

※ Movable Type Advanced における、 Movable Type 7 の提供は、2018年10月を予定しています。

シックス・アパートは、Movable Type 7 をはじめとする製品・サービスを通して、コンテンツを作り届ける人とそれを受け取る人の両者にとって便利な情報配信の仕組みを実現するための努力を継続していきます。

Movable Type の実績

CMSプラットフォームとして低価格から導入可能な Movable Type は、そのセキュリティの高さや柔軟なカスタマイズ性を評価され、大企業や官公庁、大学、中小企業まで幅広いユーザー層に支持されています。Movable Type のライセンス登録情報によると、日経平均株価構成銘柄である225社のうち55%、東証一部上場企業である2079社のうち34%の企業で利用されています。

また、国立大学86校のうち74%、私立も含む日本国内の全780大学においては、その44%の学校でウェブサイトを運用するCMSプラットフォームとして利用されています。(2018年5月時点のデータより)

MT7_customer.png
[大手企業や大学での、Movable Type 利用実績]

シックス・アパート株式会社について

シックス・アパート株式会社は、全国300以上が加盟するパートナー制度「ProNet」加盟の企業や個人事業者を通じ、個人から法人まで幅広いCMSソリューションを提供しています。

個人のブログから大規模なコーポレートサイトまで、さまざまなシーンでのウェブサイト構築・運営・管理を支援するCMSプラットフォーム「Movable Type」、高機能CMSを低コストかつメンテナンスフリーなウェブサービス型で提供する「MovableType.net」、企業向けブログサービス「Lekumo(ルクモ)ビジネスブログ」を提供しています。

また、働く場所を問わない、テレワークを中心とした働き方「SAWS」を実践しています。この取り組みを評価いただき、総務省が主催する平成29年度「テレワーク先駆者百選」に選出されました。

詳しい情報は、https://www.sixapart.jp/ をご覧ください。

本資料に関する報道関係の皆様からのお問い合わせ窓口

シックス・アパート株式会社 広報担当
電話番号:03-6261-4640(広報)
電子メール:pr@sixapart.jp

本資料に関する一般の皆様からのお問い合わせ窓口

https://www.sixapart.jp/inquiry/

Six Apart、Movable Type、Lekumo は、シックス・アパート株式会社の登録商標です。
本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

Kaori Kotobuki   11:00