広報ブログ

シックス・アパートの広報より、社内のさまざまなトピックをお届けします。

Perlコミュニティへの貢献で、宮川達彦がWhite Camel Awardを受賞

シックス・アパートの関です。先々週、先週にかけて海外出張で、ニューヨーク、サンフランシスコをめぐってきました。気温差が激しく(NYが35度、SFが15度)体力を消耗しましたが、やっぱり東京の暑さが一番キツいですね。

さて先週は、米国ではインターネット技術者向けのカンファレンスが2つ開催されました。OSCON(オライリー主催のオープンソース・コミュニティ向けカンファレンス)とf8(Facebookの技術者向けイベント)です。どちらも米国のインターネット技術者・開発者にとっては大きなイベントですが、どちらもシックス・アパート関係で、いくつかニュースがありました。まずはOSCON初日のニュースをご紹介します。

宮川達彦がPerlのWhite Camel Awardを受賞

まず一つ目のニュースは、米本社の宮川達彦が、2008年のWhite Camel Awardを受賞した件です。White Camel AwardはPerlファウンデーションが毎年、Perlコミュニティで多大の貢献をもたらした人々を選出している賞です。宮川は、PerlコミュニティのイベントYAPC::Asiaの運営やPlaggerなどのプロジェクトにおけるさまざまな活動を評価され、今回の受賞になりました。日本人としては初の受賞となります。

シックス・アパートはPerlを主要開発言語として、製品・サービスを提供しています(広報ブログ: シックス・アパート製品はPerl言語で作られています)。そのPerlコミュニティから、シックス・アパートのエンジニアの貢献が認められたのは、非常に光栄なことです。

他のビッグニュースとして、Movable TypeのFacebook Connect対応と、Open Web Foundationの発表がありますが、これらについては別記事にて。

whitecamelaward2008.jpg
写真: Perlの父Larry Wall(左)と、White Camel Awardトロフィーを持つ宮川達彦(右)
Photo: Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported

page top