2017年 10月 6日(金)

来年リリース予定の MT7 プレビュー!

MTDDC 2017

東京 無料 Web制作者 開発者 フロントエンドエンジニア Webディレクター Webデザイナー

※ 定員になりましたので募集を締切りました。現在受付中のイベント・セミナーはこちらです。

MTDDCは、ウェブ制作に関わる方々に向けた Movable Type のカンファレンスで、2009年の第1回開催時に、「Movable Type Developers & Designers Conference」の頭文字を取って名付けられました。

4年ぶり、7回目の開催となる今回は、来年リリースを予定している Movable Type 7(MT7)の詳細を初披露。デベロッパープレビュー版も公開予定です。

MT7 の新機能とこれからのロードマップ

MT7 では、新しいコンテンツ管理の方法として「コンテンツタイプ」という仕組みを利用してウェブサイトを構築します。「コンテンツタイプ」とはどういうものなのか? どのようにウェブサイトを構築できるのか? 新しくなった管理画面を実際にお見せしながら解説します。

新しくなる Movable Type と、Movable Type シリーズのこれからのお話を中心に、ウェブ制作に役立つ内容を予定しています。チケットには、セッションのみ参加(無料)と、懇親会付き(2,000円)があります。いずれかをお選びいただき、お申し込みください。皆様のご参加をお待ちしています!

日時 2017年 10月 6日(金)
14:30 〜 19:30(受付開始:14:00)
※上記は懇親会を含みます。セッションのみの終了は 5:20 頃を予定しています。
会場 Global Business Hub Tokyo
東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ3F
参加費 セッション参加のみ:無料
セッション+懇親会参加:2,000円
講師 シックス・アパート株式会社 平田大治、高山裕司、早瀬将一、長谷川恭久
定員 200名(※増枠しました)
こんな方におすすめ ● ウェブ制作に携わる方
● Movable Type ユーザーの方
● CMSを使用したサイト構築に興味のある方
主催 主催:シックス・アパート株式会社

講師紹介

シックス・アパート株式会社
取締役 CTO

平田大治

大手通信会社を経てベンチャー投資事業のネオテニーに参加。Movable Typeを日本語化、執筆、講演など日本でのブログの啓蒙活動に活躍。2003年シックス・アパートに参加、事業の立ち上げに寄与。2006年〜2012年はニューズ・ツー・ユーで取締役。2012年に復帰し、技術担当として開発・運用を統括。大阪大学大学院工学研究科修了(工学修士)。

シックス・アパート株式会社
Movable Type プロダクトマネージャー・リードエンジニア

高山 裕司

2006年にシックス・アパートに入社。以後、一貫して Movable Type、Movable Type Advanced(旧名:Movable Type Enterprise)の開発に従事。好きな動物はネコ。好きなMTタグはひとつのタグで属性値を変えれば何でも出力できる MTAssetProperty。

シックス・アパート株式会社
デザイン戦略担当顧問

長谷川 恭久

デザインやコンサルティングを通じてWebの仕事に携わる活動家。アメリカの大学にてビジュアルコミュニケーションを専攻後、マルチメディア関連の制作会社に在籍。帰国後、数々の制作会社や企業とコラボレーションを続ける。自身のブログとポッドキャストではWebとデザインをキーワードに情報発信をし、各地で講演を行い、多数の媒体での執筆に携わる。著書に『Experience Points』『Web Designer 2.0』など。

シックス・アパート株式会社
MovableType.net プロダクトマネージャー

早瀬 将一

2004年にシックス・アパート参加。サポートを経て TypePad 製品企画担当を務める。2010年3月に退社し、アライアンス・ポート株式会社に参加。プロジェクトマネージャーとして勤務する傍ら、東京工科大学デザイン学部の非常勤講師を務める。2014年3月に復帰し、制作経験を活かし製品企画担当として MovableType.net を立ち上げ、現在に至る。個人として、ドローンによる映像制作など幅広く活動している。

プログラム

[Keynote]生まれかわる Movable Type 7 のコンセプトと概要

平田大治(取締役 CTO)

[14:35 〜 15:15(40分)]
日本の市場シェアNo.1の商用CMSとして幅広く使われている Movable Type の、新しいメジャーバージョンである Movable Type 7 の開発が順調に進行中です。新しいCMSに進化する Movable Type 7 のコンセプトと機能概要について、同日発表予定のデベロッパープレビュー版をベースに説明します。また、Movable Type 7のリリースに合わせて、今後のMovable Typeファミリーの展開についてもお話しします。

詳説 Movable Type 7
〜Movable Type 7 で始めるコンテンツとウェブの新しい関係〜

高山裕司(Movable Type プロダクトマネージャー・リードエンジニア)

[15:20 〜 16:00(40分)]
Movable Type 7 では、これまでのような、記事やウェブページにカスタムフィールドを追加して運用するかたちではなく、コンテンツタイプを利用して、自由にフィールドを定義してコンテンツを設計・運用することができます。コンテンツタイプは、それ自体をフィールドの1つとして利用できるなど、情報更新や日々の運用に役立つものとなります。この新しい概念である「コンテンツタイプ」の説明を中心に Movable Type 7 の新機能や改善点や、ウェブサイトにとどまらず、モバイルアプリやサービスのバックエンドなど、幅広いウェブに最適な Movable Type 7 の未来をお見せします。

エンジニアと協働するためのデザイン的アプローチ

長谷川恭久(デザイン戦略担当顧問)

[16:05 〜 16:45(40分)]
どんなにデザイン思考を追求して画面設計をしたところで、エンジニアの力がなければ形になることはありません。職種関係なく「良い製品を作る」という目標のなか作っているものの、アプローチが異なるどころか、何気なく使っている言葉の解釈も違うことがあります。本セッションでは MT7 の開発で起こったコミュニケーションの摩擦や・工夫を見ながら、今後のウェブサイト設計・制作に必要になるデザインスキルを紹介します。

あえて言わせてほしい!
MTで作ろうと思っているサイトの7割は MovableType.net で作れるようになる!

早瀬将一(MovableType.net プロダクトマネージャー)

[16:50 〜 17:20 (30分)]
MT7 の全貌が明らかになってきました。しかし、Movable Type シリーズの中でも、ウェブサービス型CMSとして独自の進化を続けている MovableType.net をご存知ですか? ローンチから3年弱、数え切れないほどの機能強化を行ってきました。レスポンシブデザインのベーステーマでスマートフォン対応サイトを手軽に構築でき、サーバー管理も不要で安心して使えるため、小中規模のクライアントを多く抱える制作者の方々の支持を集めています。こんなときはMTよりも、どのCMSをよりも MovableType.net が向いている! そんなシーンはたくさんあります。本セッションでは、MovableType.net の具体例も含めた使いどころや今後の展望をお話します。

立食懇親会

参加希望者のみ(参加費:2,000円)

[18:00 〜 19:30]
同会場内で開催予定。飲み物・軽食をご用意します。懇親会で、参加者の皆さんによるLT(ライトニングトーク大会)の開催を予定しています。近日中に申し込みフォームを公開しますので、奮ってご参加ください。

最新のセミナー情報をお届けします

シックス・アパートのメールマガジン「Six Apart ニュースレター」では、CMS構築・運用・クラウド化などのさまざまな事例や、WEBマーケティングに役立つ情報をお届けしています。セミナーの最新情報もこちらでいち早くご案内します。ぜひ、ご登録ください。

Six Apart ニュースレターに登録する