広報ブログ

シックス・アパートの広報より、社内のさまざまなトピックをお届けします。

記事一覧 RSS

2017年 2月28日(火)

「子どもに雪まつりを見せたくて」秋田の実家でテレワーク中の佐藤に聞きました [SAWSインタビュー]

いつでも好きな場所で働ける、シックス・アパートの新しい働き方「SAWS(Six Apart Working Style、さうす)」が昨年の夏に始まって半年。ストレスフリーかつ生産性高く仕事を進めるため、社員それぞれが試行錯誤しながら自分にあった働き方を作ってきました。

というお話を社外の方とすると、良く聞かれるのが「オフィス以外って、例えばどこで働いているの?自宅とかコワーキングスペース?」ということ。確かに自宅で働いている社員も多いのですが、それ以外にもいろんな場所で働いている人もいます。というわけで、珍しい場所や変わった働き方をしている社員に話を聞いてみることにしました。

第1回は、秋田の実家に奥様とお子様(1歳半)と一緒に帰省中の、営業マネジャー 佐藤です。Slackチャットで話を聞きました。

ーーこんにちは〜。いま、どちらにいますか?

秋田にある、実家に帰省中です。今は両親二人暮らしの家なので、普段は空き部屋となっている部屋を仕事場にして働いています。

desk.jpg

窓の外はこんな感じです。

window1.jpg

window2.jpg

ーー真っ白ですね!窓の高さまで雪が!

近くのコンビニへも車で10分かかるような陸の孤島です。

ーー2月の秋田、一番寒い時期に帰省されたんですね。

はい。いつもは年末年始やお盆に帰省していたのですが、いま秋田の冬祭りのシーズンなので、それに合わせて帰ってきました。

近所の市で「犬っこまつり」という祭りがありまして、私も子どもの頃に行ってたので、子どもにも見せてあげたいなと。巨大な犬の雪像にお参りする祭りなのですが、子どもを犬の雪像に乗せるのが慣わしなんです。

matsuri.jpg

ーーお祭りに参加するために、帰省されたんですね。お子さんを雪像に乗せた写真、撮れました?

はい。撮れました。

inukko.jpg

ーー犬っこ、結構大きいんですね。秋田には、何日くらい滞在の予定ですか?

帰省の目的だった「犬っこまつり」は2日間開催しているのですが、その2日だけ帰省するのは大変なので、SAWSを活用して実家でも働くことを前提に、長めに滞在することにしました。

今回は1週間実家に滞在し、平日はフルに勤務しています。一日の予定はこんな感じですね。田舎の朝と夜は早いのです。

  • 朝5時半に起床
  • 6時半朝食
  • 9時頃には仕事を開始
  • 12時昼食
  • 18時半頃に仕事終了
  • 19時頃入浴、夕食
  • 21時就寝

ーー健康的な生活ですね。実家のご家族も一緒に食事が出来るのはうれしいでしょうね。お仕事中、お子さんは奥様やご両親や親族の方が遊んでくれてるんですか?

はい。私の仕事中には、子どもは奥さんや両親とたっぷり遊んでいます。せっかく秋田にいるので、日中の半分はこんな場所で雪遊びをしています。

yukigeshiki.jpg

ーーご家族は、佐藤さんの働き方について、どんな風に言ってらっしゃいますか?

良い働き方だと言ってます。子どもと奥さん、両親の近くにいながら働く機会はなかなか得られませんし、SAWSのメリットを家族とも共有できていると思います。

一方、父親が家で仕事をしていることで、逆に家族に負担をかけるときもありました。例えば、帰省中は家族一緒に昼食を食べていますが、オンラインの会議が長引いたときなど、家族を待たせてしまったり。そこについては、家族で話し合いながら、お互いストレスの無い方法を探っているところです。

ーー今回の帰省、有給休暇をほとんど使ってないと聞きましたが、そうなんですか?

そうなんです。移動日だけ半休を取りましたが、それ以外の平日の日中は仕事していました。普通ならば、この時期の帰省は有給休暇を使って1週間、となってしまいますよね。有休をとって1週間実家に滞在するとしても、その間ずっと仕事から離れていられるかというとそういうわけでもなく、結局は1日に何回かメールチェックして、となりがちですし。

その意味でもSAWSは、プライベートの時間を確保しつつ仕事もできるというところが魅力です。

ーー秋田からのリモートワークで、不便なことや不都合を感じることって、ありました?

不便なことや不都合なことは、テーブルがちょっと低いことくらいでしょうか......。

sato.jpg

それ以外は普段と同じ環境で仕事できています。自宅で働くときも神保町オフィスに置いてあるマシンにリモートデスクトップで接続しながら作業を進めていますので、実家にいても普段と全く同じ作業環境が利用できます。実家は光回線を引いているので、回線速度も十分で快適です。

ーー帰省ワーク、またやりたいですか?

大きな不便や不都合はなく作業できておりますので、リモートワークとしては満足しております。次回の帰省はいつ頃がいいか、すでに家族で話しておりました。次は暖かい時期がいいですね。


ーー暖かい時期の秋田も楽しそうですね。ありがとうございました!


秋田の実家からテレワーク中の、営業マネージャー佐藤のインタビューでした!
飛行機や新幹線が混雑する帰省シーズンを外して、なおかつ有休をほぼ使わずに帰省できるのはSAWSの魅力の一つですね。
そして、日中、仕事に集中できる環境を提供するご家族の協力あってこその、帰省ワークであることを実感しました。支えてくださるご家族にも感謝です。

他にも、これはと思った働き方をしている人に話を聞いていく予定です。
シックス・アパート株式会社 公式Facebookページでも、お届けしていきますので、ご興味を持っていただけましたら、ぜひいいねしてください。


以上、広報のことぶきでした!

これまでに公開した SAWS インタビュー記事はこちら

Kaori Kotobuki   11:45