導入事例

プレジデント社が MovableType.net を使う理由
東京都管工事工業協同組合 - Movable Type 導入事例
PFF(ぴあフィルムフェスティバル)が Movable Type 7 を使う理由
京都大学ウイルス・再生医科学研究所 朝長研究室- MovableType.net 導入事例
株式会社インボイスが Movable Type クラウド版 を使う理由
昇龍道100遊体験 - MovableType.net 導入事例
有限会社マヴェリック - MovableType.net 導入事例

アイティメディア が Lekumo キャンペーンビルダーを使う理由

アイティメディア株式会社様
使ってみて驚いたのは、良い意味で「当たり前のものが当たり前に過不足なく用意されている」ことでした。

IT・インターネット関連情報のWebメディアを運営するアイティメディアが2009年より運営するメディア媒体「 ONETOPI (ワントピ)」では、このたびTwitterにてスマートフォン向けアプリのダウンロードキャンペーンを行うに当たり、シックス・アパートが提供する、ソーシャルメディアを活用したコミュニケーション製品「 Lekumo キャンペーンビルダー」を活用した。

Lekumo キャンペーンビルダーでTwitterキャンペーンを実施

今回お話を聞かせてくれたのは、アイティメディア株式会社 スマートメディア事業推進部 アプリケーション開発マネージャーの宮田 健さんと、同副事業推進部長の手塚 曉さん。そもそもONETOPIとは、どんな特徴をもったメディアなのだろうか。

今回お話をきかせてくれた宮田さん
今回お話をきかせてくれた宮田さん

「ONETOPIは、アイティメディアがスマートフォン向けメディアとして先陣を切って始めたサービスです。ある特定のトピックに対して、キュレーターと呼ばれる専任解説者がつき、インターネット上の情報から価値のあるものだけをピックアップして紹介していくものです。素晴らしいニュースであればアイティメディアの記事に限らず取り上げられます。専門誌までは出版できなくても、ONETOPIなら作れる、そんな話題がマッチしているようです」(宮田さん)

「アイティメディアは、長年WebでPC 向けのメディアを運営してきました。昨今のメディアを取り巻く環境の変化を受けて次の方向性として打ち立てたのが、情報収集において更なる利用が見込まれるスマートフォン向けのメディアです。ちょうどその時、2009年からやっていたONETOPI をスマートフォン向けのメディアとして展開しようということになりました。

スマートフォン向けのメディアを運用する時、重要となるのがアプリの存在です。今回はiPhone・Android両方の端末向けにアプリを開発しました。そこでONETOPIの周知とともにダウンロード数を増加させるために行ったのが、Twitterを利用したキャンペーンです。キャンペーンサイト構築には、Lekumo キャンペーンビルダーを使いました」(手塚さん)

Lekumo キャンペーンビルダー は、ソーシャルメディアを用いたマーケティング施策、広報・PR、コーポレートブランディングといったユーザーとのコミュニケーション活動を効果的に実施するためのサービスを、SaaS 形式で提供したものである。特にTwitterやFacebook との相性が良く、キャンペーンサイトを手軽に立ち上げ、実施することが可能だ。

宮田さんと手塚さんが ONETOPI への想いを熱く語る
宮田さんと手塚さんが ONETOPI への想いを熱く語る

このキャンペーンは、題して「スマホあるある」。例えば「目覚ましをかけたら朝までに電池が切れていた」など、スマートフォンを使っていて感じた様々な「あるある」という経験を、ユーザーに投稿してもらうというものである。

当たり前のものが当たり前にあるLekumo キャンペーンビルダー

「使ってみて驚いたのは、良い意味で『当たり前のものが当たり前に過不足なく用意されている』ことでした」と話してくれたのは、宮田さん。今回のキャンペーンページの構築を担当されたそうだ。

「Twitter やFacebook は、連携するアプリやガジェットが大量に存在するため、キャンペーンサイトそのものには簡単に導入できるイメージがあるのですが、実際導入するとなると、組み合わせや仕様づくりなどに追われて、思いのほか手間がかかります。しかしLekumoキャンペーンビルダーでは、『これは必要だよね』というものがしっかりとそろっていて、今風のキャンペーンサイト構築が簡単にできてしまいました。設定できる項目や仕様なども絶妙で、例えばTwitter での拡散数やつぶやき数がリアルタイムでレポートされたり、CNAMEの設定だけでサブドメインの運用が可能だったり、さらに細かいところではプライバシーポリシーのひな形が用意されていたりと、使い勝手に富んでいました。これって下手すると当たり前すぎて気がつかない可能性もあるのですが、その当たり前が難しいのですよね。エンジニア目線で、制作者のスキルを感じる完成度でした。

お世辞抜きで苦労した部分がほとんどなくて、デザインを少しだけカスタマイズしたくらいです。それもHTMLやCSS がわかっていれば特に難なく出来てしまうレベルで、社内のデザイン担当者が特に説明もいらずにやってくれました。キャンペーン自体は、2週間でほぼ骨子ができ、そこから1週間でデザインが完成。あとは本番サイトをオープンするのみというスピード感で実施することができました。Lekumo キャンペーンビルダー がなければ、これだけ短期間で実施することはできなかったと思います。キャンペーン実施の結果、期間中の1週間で投稿数が376件、フォロワー数が約30%増加、そしてアカウントの影響度を測るKloutスコアが約10ポイント上昇し、その効果を感じることができました」(宮田さん)

いまキャンペーンサイトにはこれがあれば安心、というものをしっかりとLekumo キャンペーンビルダー が揃えていることを、高く評価していただくことができた。サイト構築以外の部分で限りある時間を有効活用してもらえれば、サービス提供側としても本望である。

レポート機能が強化されると文句無しですね

最後に、Lekumo キャンペーンビルダー に対してのご要望と、ONETOPI のこれからについてうかがった。

「Lekumo キャンペーンビルダー についてはほぼ不満がありません。CMS単体として見た時も、かなり優秀なのではないでしょうか。強いて挙げるとしたら、レポート機能の部分ですね。最低限のレポート画面はありますが、これを俯瞰していまどんな感じなのかを見たいと思いました。また、レポートを見るだけのアカウントが発行できると、運用上ではとても助かります。あとはブログパーツも発行できると最高ですね。キャンペーンにとって一番難しいのは、そもそもキャンペーンとして何をやるかです。その辺りもシックス・アパートさんがいっしょに考えてくれたりするとありがたいかもしれません。

ONETOPI の今後ですが、キュレーターの数を増やして、トピック数としても充実させていこうと考えています。もちろんアプリもさらに使いやすくするべく、改修を行っていく予定です。スマートフォン向けメディアのさきがけとして、より多くの方に使ってもらえるサービスとして、成長させていきます」(宮田さん)

これからスマートフォンが中心となる時代になったとき、メディアの中心にはONETOPI がいる...そんなことを夢見つつ、これからの展開を見守っていきたい。

1topi-itmedia.JPG
今回お話をうかがった、アイティメディア株式会社 スマートメディア事業推進部 アプリケーション開発マネージャーの宮田 健さんと、同副事業推進部長の手塚 曉さん

アイティメディアのキュレーション型メディア

事例データ

  • ソーシャルメディア活用キャンペーンツール:Lekumo キャンペーンビルダー
  • 導入したのは:2011年9月
  • 導入した理由:サービスの認知向上、アプリのダウンロード促進
  • 導入を担当したのは:社内ウェブ担当者
  • 何か手ごたえはありましたか?:賞品目当てでなく、単純に面白いと思って参加してくれたユーザーが多かった。フォロー数、ダウンロード数ともに伸びがあり、Kloutスコアが約10ポイント上がった。

同じ業種の事例

シックス・アパート製品 最新導入事例パンフレット
PDF無料ダウンロード
ダウンロード
page top