Movable Type News

記事一覧 RSS

2006年 7月 3日(月)

Movable Type 3.3修正版近日リリースのお知らせ

6月28日に公開したMovable Type 3.3に、動作上の不具合が発生しております。近日中に修正版をリリースする予定です。

修正される内容は以下の3点です。以下の3点の不具合にはいずれも現行バージョンで回避策があります。

また、エントリーの消失などのデータ破壊は、3点目のテンプレート名が翻訳されてしまう場合を除いて、発生しません。

大括弧([および])を使ったタイトルを含むエントリーを、投稿画面で編集できなくなる

この不具合によって影響を受けるデータなど
大括弧をタイトルに使っているエントリーを投稿画面で編集できなくなるだけで、データの破壊などの問題は起こりません。
既存のエントリーも編集できなくなっているが、データが破壊されるわけではありません
回避策
  • 新規のエントリーについては大括弧を使わないか、数値参照([なら[、]なら])を利用する。
  • 既存のエントリーを、修正版の公開を待たずに編集したい場合には、XML-RPCなどのAPIを利用するツールを利用する。

月別や日別など日付をベースにしたアーカイブテンプレートを再構築すると、出力結果のすべてのページに同じ最新エントリが表示される

この不具合によって影響を受けるデータなど
再構築すると以前のエントリーが正しく構築されなくなるだけで、データの消失などは発生しない。
回避策
  • 修正版公開を待たずに公開ページを修正したい場合、不具合が出たアーカイブ中の「<MTEntries>」とタグだけになっているところに属性を追加する。
  • 例えば「<MTEntries sort_order="descend">」などと変更する。修正版公開後は元のテンプレートに戻せるので、バックアップしておくことを推奨します。

英文のテンプレート名を持つテンプレートが日本語に翻訳されたテンプレート名で表示される

この不具合によって影響を受けるデータなど
例えば「Tags」という英文の名前を持つアーカイブテンプレートを作成し、保存すると、最初保存したときには正常にTagsという名前でデータベースに書き込まれる。そのまま二度と保存しなければ、データの破壊は起こりません。
しかし二度目に保存ボタンを押すときには、テンプレート名の項目がすでに日本語化されているため、名前が変わって保存されることになります。
回避策
保存する前にテンプレート名を確認して、英語を入力したのに日本語になっていないかどうか確認する。変わっていた場合は元の英語に戻してから保存する。

yoshimatsu   17:29

Movable Type ソフトウェア版は無料トライアルが可能です。
ライセンスの購入、クラウド版の申し込みは、製品購入からお進みください。

Movable Type 全般に関しての疑問や、導入に際してのご相談など、コンサルタントに直接ご相談いただける予約制の相談会を開催しています。

Movable Type 導入相談会のご案内

ドキュメントやユーザー向けの情報はこちら

Movable Type のくわしい使い方や、タグリファレンス、開発者向けのドキュメントなどは、MovableType.jp で公開しています。プラグインやテーマは、プラグインディレクトリをご覧ください。