Movable Type News

記事一覧 RSS

2009年 5月28日(木)

Movable Type用のCMS機能強化ソフトウェア「Power CMS for MT」が販売されました

「Power CMS for MT」を、本日より販売開始いたします。

アルファサード株式会社が開発した「Power CMS for MT」は、Movable Type 向けにCMS(コンテンツ管理システム)機能を強化するためのソフトウェア製品です。ワークフロー、アクセス解析、高機能WYSIWYG、ページ分割、コンテンツのソート順指定、時限公開、CSVインポート、フォーム作成機能など、ウェブサイトのコンテンツ管理に求められる各種機能を「Movable Type」のプラグインとして提供し、「Movable Type」をさらに高機能なCMSとしてご利用いただくことが可能となります。ノンプログラミングで管理画面のカスタマイズが可能なため、誰でも簡単にサイトにあわせた管理画面を構築できます。また、拡張された様々なテンプレートタグにより、エンドユーザーだけでなくウェブ制作会社やテンプレート・デザイナーの皆様を強力に支援します。

「Power CMS for MT」には、ワークフロー、アクセス解析、高機能WYSIWYGエディタなど基本的なCMS機能を提供する中小規模サイト向けのスタンダード版と、会員専用ウェブサイト構築や携帯用ページ作成、メールマガジン配信などさらに高度なCMS環境を実現する大規模サイト向けのプロフェッショナル版があり、規模や用途に応じて選択可能です。

「Movable Type」は、CMS製品として高い評価*と導入実績を誇るソフトウェア製品です。シックス・アパートでは、すでに2008年10月より上位ソリューション製品として、大規模サイトの構築・運用に利用するために、各種機能を盛り込んだソフトウェア製品「Movable Type CMSソリューション」を導入コンサルティング・サービスと組み合わせて提供しています。今回、「Power CMS for MT」をプラグインとして提供することにより、さらに簡単かつ低コストで、中小規模からのウェブサイトのコンテンツ管理を支援します。

Power CMS for MTに関する詳細は、以下サイトをご覧ください。

* Movable Typeは、『インターネット白書 2008』(監修:財団法人インターネット協会、発行:インプレスR&D)のCMSに関する調査において、商用ソフトウェア製品として3年連続で第1位に選出された実績を持ちます。ウェブサイトを構築・運用するすべての企業が手軽に利用できるCMSとして、が高く評価されていることの表れです。

Power CMS for MT 概要

主な機能

ワークフロー
Movable Type標準のエントリーのステータスに「公開前(承認待ち)」を追加し、「原稿(下書き)」→「原稿(承認待ち)」 →「公開」の3段階のステータス管理、承認依頼や差し戻しのメール通知が可能です。ユーザーは送られたメールのURLをクリックすることで当該エントリーの編集画面にジャンプできます。
アクセス解析
ページビューベースのアクセスレポート、サイト内検索キーワードレポートやクリックされたタグレポートなどが管理画面から参照可能。アクセスの多いエントリーやよくクリックされるタグをテンプレートタグで出力でき、「ホットエントリー」や「ホットなタグ」をサイトに反映することも簡単です。
高機能WYSIWYG
高機能WYSIWYGエディタTinyMCEを標準搭載しています。Microsoft Wordのように文章装飾でき、Movable Type標準のWYSIWYGエディタにはない見出しや表組(Table)作成にも対応しています。複数ファイルのアップロードや画像貼付けも簡単に行えます。
ページ分割
スタティックパブリッシングでのページ分割をサポート。インデックス・アーカイブや日付、カテゴリ等の「ブログ記事リスト」系アーカイブでエントリーの件数毎にページを自動的に分割して生成。分割されたページをループで出力するブロックタグ、前後のページへのリンク、現在のページ等をテンプレートタグで指定でき、ページ送りのナビゲーションを独自のデザインで簡単に作成できます。
コンテンツのソート順指定
エントリー(ブログ記事/ウェブページ)をドラッグ&ドロップで自由にグループ化でき(ブログをまたがったグループ化も可能)、表示順もドラッグ&ドロップで設定できます。
時限公開
アクセシビリティ対応、相対パス変換など様々な機能が標準装備されています。たとえば、指定日非公開機能では、ページの自動削除だけでなく日付によって表示内容を切り替えるテンプレートタグの利用も可能となります。
CSVインポート
独自の3種類のインポートフォーマットをサポート。また、Power CMSで拡張したエントリーやテンプレートのデータは独自形式でエクスポート&インポート可能。Movable Type標準ではサポートしていない階層付きカテゴリやカスタムフィールド、ウェブページのインポートもサポート。
フォーム作成機能
付属の「フォームテンプレート」を利用すれば拡張フィールドとして作成したフォームのコントロールをそのままアンケートフォームなどとして利用できます。拡張フィールド機能で追加した「テキスト」「テキスト(複数行)」「ラジオボタン」「チェックボックス」「チェックボックスグループ」「ドロップダウン」がそのままフォームの項目として生成されます。

販売開始

2009年5月28日

価格

PowerCMS for MT スタンダード版(税込)
  • 基本ライセンスパック:21万円
  • 追加5ユーザーライセンスパック:4万2,000円
  • 追加10ユーザーライセンスパック:7万3,500円
PowerCMS for MT プロフェッショナル版(税込)
  • 基本ライセンスパック:42万円
  • 追加5ユーザーライセンスパック:6万3,000円
  • 追加10ユーザーライセンスパック:10万5,000円

上記金額にMovable Typeライセンスは含まれません。標準機能にない機能のカスタム開発やパッケージベースでのサイト開発や、Movable Type Enterpriseに対応したPower CMS for MTについては、別途ごお問い合わせください。

mtakahashi   15:00

Movable Type ソフトウェア版は無料トライアルが可能です。
ライセンスの購入、クラウド版の申し込みは、製品購入からお進みください。

Movable Type 全般に関しての疑問や、導入に際してのご相談など、コンサルタントに直接ご相談いただける予約制の相談会を開催しています。

Movable Type 導入相談会のご案内

ドキュメントやユーザー向けの情報はこちら

Movable Type のくわしい使い方や、タグリファレンス、開発者向けのドキュメントなどは、MovableType.jp で公開しています。プラグインやテーマは、プラグインディレクトリをご覧ください。