Movable Type News

記事一覧 RSS

2012年 12月 5日(水)

Movable Type 5.2に対応した 「Movable Type Advanced」出荷開始 、同時に定型文機能等を搭載したMovable Type 5.2.2もリリース

Movable Type Advanced

Movable Type Advancedは、Movable Typeをベースに、大規模サイトや社内情報共有サイトでの利用にあわせて機能を拡張した製品です。

本日、10月26日にリリースした最新版のMovable Type 5.2に対応、さらにマイクロソフト社のクラウドプラットフォーム「Windows Azure」に新たに対応したMovable Type Advancedを出荷開始します。ライセンス形態・価格に変更はありません。Movable Type Advancedのライセンスをお持ちの方は無償でアップデートできます。

アルファサード社が開発したCMS機能強化プラグインがライセンス価格そのままで提供されるMovable Type Advanced + PowerCMSもMovable Type 5.2に対応します。

また、同時にMovable Type 5.2.2も本日リリースします。

新たに定型文機能を実装したほか、レスポンシブデザインでスマートフォンに対応した新しいテーマ「Rainier」をデフォルトテーマとして採用しました。最新版Movable Type 5.2.2は個人無償版でも利用可能です。

Movable Type 5.2.2 新機能(Movable Type, Movable Type Advanced共通)

※Movable Type 5.2から搭載された機能等はこちらからご確認ください。

定型文機能

定型文機能

繰り返しよく使う文章やフレーズなどを定型文として事前に用意しておくことで、ブログ記事の文体を合わせることや、ブログ記事の作成が楽になります。


新しいテーマ「Rainier」

レスポンシブWEBデザインを採用したブログ用の新しいテーマ「Rainier」をブログのデフォルトテーマとして採用しました。マルチデバイスへの対応やOGPイメージへの対応などが可能となります。

5.2.2の新機能の詳細についてはリリースノートをご覧ください。

対応プラットフォームの追加(Movable Advancedのみ)

WinAzurePwrdBy_rgb_Blue286_S.jpg

Windows Azure環境に対応

※Movable Type Advancedの動作環境について詳細はこちらをご覧ください。

Movable Type Advanced の特徴、利用方法については、こちらのマニュアルページをご覧下さい。

ハンズオンセミナーの開催

今回新しく搭載した新テーマ「Rainer」を使ったブログを作成する初級者向けのセミナーを2013年2月2日にハンズオン形式で開催予定です。マルチデバイスへの対応やOGPイメージへの対応するブログを簡単に作成できるテーマの使い方を中心に、実践的な使い方をレクチャーします。
セミナーの詳細とお申し込みは以下よりご確認ください。

今後のMovable Type のリリース方針について

またシックス・アパートでは、ユーザーの皆様にできるだけ早く不具合の修正や新しい機能などをご利用いただくため、1~2ヶ月という短い期間でアップデートの提供を行っていく方針を掲げました。

今後クラウド版「Movable Type EZ」がソフトウェア版に先んじてアップデートが行われるようになります。(今回Movable Type 5.2.2 で搭載された新機能は、10月30日にMovable Type EZ ですでに提供済です) そのアップデート内容は次のソフトウェアリリースに反映された形で出荷されます。 詳しくは以下の記事を御覧ください。

今後もMovable Type をよろしくお願いいたします。

mtakahashi   11:00

Movable Type ソフトウェア版は無料トライアルが可能です。
ライセンスの購入、クラウド版の申し込みは、製品購入からお進みください。

Movable Type 全般に関しての疑問や、導入に際してのご相談など、コンサルタントに直接ご相談いただける予約制の相談会を開催しています。

Movable Type 導入相談会のご案内

ドキュメントやユーザー向けの情報はこちら

Movable Type のくわしい使い方や、タグリファレンス、開発者向けのドキュメントなどは、MovableType.jp で公開しています。プラグインやテーマは、プラグインディレクトリをご覧ください。