Movable Type News

記事一覧 RSS

2015年 7月10日(金)

OpenSSL の脆弱性 CVE-2015-1793 への対応について

先日、OpenSSL の脆弱性 CVE-2015-1793 が発表されましたが、Movable Type クラウド版につきましては、影響が無いことが確認できています。

また、Movable Type for AWS につきましても、最新のバージョンにおいては影響ありません。古いバージョンで利用されている場合は、Amazon Linux AMI Security Center の指示に従ってアップデートを行ってください。

OpenSSL の脆弱性の詳細については、以下のサイトをご覧ください。

古いCMSをお使いのまま、セキュリティに不安を抱える皆さまへ

「担当者が退職してしまい、管理者ID・パスワードがわからない...」
「社内にシステム管理者がいなくて何もわからない...」

そんな状況で古いCMSをお使いのまま、セキュリティに不安を抱えている皆さまをお助けする「Movable Type リモートサービス(MTRS)」。

今なら、このMTRSの基本調査(通常10,000円)とセキュリティチェックが【無料】、さらに実際に管理者権限のID・パスワード復旧、バージョンアップ、セキュリティ対策、クラウド版、AWS版への移行などの作業を代行するリモートサービスが【10%OFF】となる「MTサイト セキュリティ強化キャンペーン」を実施中です。

Movable Type クラウド版への移行をご希望で、無料引っ越しサービスでの対応が可能なサイトであれば、最新版へのバージョンアップ作業がすべて無料で可能となります。

この機会にぜひ、Movable Type クラウド版への移行、および最新版へのアップデートをご検討ください。

MTサイト セキュリティ強化キャンペーン

Maki Sawa   11:45

Movable Type ソフトウェア版は無料トライアルが可能です。
ライセンスの購入、クラウド版の申し込みは、製品購入からお進みください。

Movable Type 全般に関しての疑問や、導入に際してのご相談など、コンサルタントに直接ご相談いただける予約制の相談会を開催しています。

Movable Type 導入相談会のご案内

ドキュメントやユーザー向けの情報はこちら

Movable Type のくわしい使い方や、タグリファレンス、開発者向けのドキュメントなどは、MovableType.jp で公開しています。プラグインやテーマは、プラグインディレクトリをご覧ください。