Movable Type News

記事一覧 RSS

2016年 4月 4日(月)

iOSアプリ「Movable Type for iOS」をアップデートしました

Data API を利用したiOSアプリ「Movable Type for iOS」のバージョン1.1をリリースしました。アイテムのマルチアップロード対応や、Markdown対応など、いくつかの新機能の追加と、パフォーマンスの改善などが行われています。App Store からダウンロードしてご利用ください。

バージョン 1.1 で追加された新機能および改善点

オフライン編集機能の強化
iPhone がオフラインのときでも、写真を記事に挿入することができるようになりました。挿入された写真は、記事を Movable Type に保存するタイミングでアップロードされます。
画像のマルチアップロードに対応
アイテム一覧画面から写真をアップロードする際に、同時に8枚まで一括でアップロードすることが可能になりました。
※撮影した写真のアップロード、および記事編集中にに写真を挿入する際は、これまでどおり1枚ずつのアップロードとなります。
Markdown 記法に対応
WYSIWYG編集に加えて、Markdown記法による入力に対応しました。入力された内容は、HTML化されず、そのままの形式で Movable Type に送信されるため、記事の修正時もMarkdownでの編集が可能です(通常の Movable Type 管理画面上でMarkdown記法を利用する場合と同様です)。
画像のサイズを任意の幅に指定可能に
以前のバージョンでは、アップロードする写真のサイズは既定値(オリジナル/大きい(1290px)/やや大きい(1024px)/普通(800px)/やや小さい(640px)/小さい(320px))からの選択のみでしたが、任意のサイズの指定も可能になりました。
ヨーロッパ言語に対応
これまで対応していた、日本語、英語に加えて、オランダ語、スペイン語、ドイツ語、フランス語にも対応しました。
その他
複数のバグフィックスと、パフォーマンス改善を行っています。

詳細は、リリースノートをご参照ください。

Movable Type for iOS v1.1

任意のサイズ指定や、マルチアップロードが可能に。

Movable Type for iOS は、MITライセンスで提供しています。また、アプリのリリースに合わせ、Swift言語用 Data API ライブラリも公開されています。

Data API を利用すれば、どなたでも、Movable Type for iOS のような独自アプリの開発が可能です。また、ウェブサイトでの柔軟な表現も可能となり、他のプラットフォームとの連携はもちろん、ウェブにとどまらないコンテンツ管理を実現します。ぜひ Data API をご活用ください。

Maki Sawa   11:00

Movable Type ソフトウェア版は無料トライアルが可能です。
ライセンスの購入、クラウド版の申し込みは、製品購入からお進みください。

Movable Type 全般に関しての疑問や、導入に際してのご相談など、コンサルタントに直接ご相談いただける予約制の相談会を開催しています。

Movable Type 導入相談会のご案内

ドキュメントやユーザー向けの情報はこちら

Movable Type のくわしい使い方や、タグリファレンス、開発者向けのドキュメントなどは、MovableType.jp で公開しています。プラグインやテーマは、プラグインディレクトリをご覧ください。