Movable Type News

記事一覧 RSS

2016年 7月20日(水)

Movable Type Advanced for AWS の提供を開始しました

アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)の AWS Marketplace にて、Movable Type Advanced for AWS の販売を開始しました。Movable Type Advanced がインストールされた、OS 込みの Amazon Machine Image(AMI)での提供となります。

Movable Type Advanced for AWS の特長

LDAP連携が可能
LDAP連携が可能なため、オンプレミスのLDAPや、AWSのディレクトリサービスを利用したユーザー認証も可能です。
サーバー配信機能を搭載
Movable Type Advanced には、サーバー配信機能機能が搭載されています。
サーバー配信機能の詳細はこちらをご覧ください。
Oracleデータベースを使用可能
セットアップを行えばOracleデータベースを使用可能です。
※ Linuxが前提となるため Microsoft SQL Server についてはご利用になれません。
yum update によるアップデートが可能
Movable Type Advanced for AWS は、yum update によるアップデートが可能です。また、Movable Type for AWS とは異なり、メジャーバージョンアップ時も最新版が提供されます。

ライセンスは0.7ドル/1時間

Movable Type Advanced のライセンス料金は、時間課金となります(年払いも可能です)。

Movable Type Advanced for AWS テクニカルサポート(別売)
Hourly:0.7ドル/1時間
Annual:4,999ドル/1年
120,000円(1年・税抜)

※ インスタンスの利用料金を除きます。
※ 料金は時間課金(年間一括払い可)です。
※ テクニカルサポートは別売です。ECバイヤーズにてご購入ください。
※ テクニカルサポートを除く年間メンテナンスについては利用料金に含まれます。追加料金なしでメジャーバージョンアップ時の最新バージョンが提供されます(バージョンアップは yum update で可能です)。

AMI に含まれているものについて

今回提供する AMI には以下が含まれます。

  • アプリケーション:Movable Type Advanced
  • OS:Amazon Linux AMI 2016.03 版
  • ウェブサーバー:ApachePSGI
  • PSGI サーバー:starman
  • PHP:php-fpm
  • データベース:MySQL

Movable Type Advanced の詳細については、下記製品ページをご覧ください。。

AMI の詳細およびスタートガイドについては、Movable Type for AWS のページをご覧ください。

※アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS、AWS Marketplace および Amazon EC2 は Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

Maki Sawa   11:00

Movable Type ソフトウェア版は無料トライアルが可能です。
ライセンスの購入、クラウド版の申し込みは、製品購入からお進みください。

Movable Type 全般に関しての疑問や、導入に際してのご相談など、コンサルタントに直接ご相談いただける予約制の相談会を開催しています。

Movable Type 導入相談会のご案内

ドキュメントやユーザー向けの情報はこちら

Movable Type のくわしい使い方や、タグリファレンス、開発者向けのドキュメントなどは、MovableType.jp で公開しています。プラグインやテーマは、プラグインディレクトリをご覧ください。