Movable Type News

記事一覧 RSS

2016年 9月 6日(火)

Movable Type 6.3 向けパッチリリースのお知らせ

2016年8月24日にリリースされた、Movable Type および Movable Type Advanced 6.3 用の修正パッチを公開します。クラウド版は、本日パッチが適用されています。

現象

アイテムのアップロードパスに /(スラッシュ)、\(バックスラッシュ・¥サイン)が含まれる場合、ファイルのアップロード時に入力チェックでエラーが発生してアップロードができない問題が確認されました。

問題の対象となるバージョン

以下のバージョンが対象です。

  • Movable Type 6.3(Professional Pack, Community Pack を同梱)
  • Movable Type Advanced 6.3

解決方法

以下の手順に従ってパッチファイルを適用してください。

修正パッチの利用方法

ダウンロード

下記の修正パッチをダウンロードしてください。

パッチファイルの適用

ダウンロードしたファイルを解凍すると、以下のディレクトリとファイルが展開されます。

  • mt-static/js/upload_settings.js
  • tmpl/cms/include/asset_upload.tmpl

解凍されたファイルを、Movable Type がインストールされているサーバーの同一ディレクトリにあるファイルと置き換えます。ファイルを置き換えるとき、元のファイルのバックアップを忘れずに行ってください。

Movable Type クラウド版(UNIBaaS 含む)をご利用の場合

既にメンテナンスを実施し、パッチの適用が完了しています。本アップデートに基づく、お客様の作業はございません。
※ 自動アップデートは初期設定では有効です。意図的に無効にされている場合を除き、アップデートが実施されています。

Movable Type for AWS / Movable Type Advanced for AWS をご利用の場合

パッチファイルが適用された RPM パッケージを配布しており、yum コマンドを利用したアップデートが可能です。アップデート方法の詳細は、下記のページをご覧ください。

また、本アップデートで、PHP 5.6 以上のバージョンに対応しており、PHP のバージョンが 5.6.25 にアップデートされます。yum コマンドによるアップデートの実行後には、php-fpm サービスが停止していますので、必要に応じて起動してください。

  $ sudo /etc/init.d/php-fpm start

以上です。

Maki Sawa   11:05

Movable Type ソフトウェア版は無料トライアルが可能です。
ライセンスの購入、クラウド版の申し込みは、製品購入からお進みください。

Movable Type 全般に関しての疑問や、導入に際してのご相談など、コンサルタントに直接ご相談いただける予約制の相談会を開催しています。

Movable Type 導入相談会のご案内

ドキュメントやユーザー向けの情報はこちら

Movable Type のくわしい使い方や、タグリファレンス、開発者向けのドキュメントなどは、MovableType.jp で公開しています。プラグインやテーマは、プラグインディレクトリをご覧ください。