Movable Type News

記事一覧 RSS

2017年 6月19日(月)

スカイアークが Movable Type for Azure の提供を開始。エンタープライズに最適な MTCMS on Azure も同時リリース

シックス・アパートのパートナー企業であるスカイアーク社が、マイクロソフト社のクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」の仮想サーバー上で Movable Type の環境を簡単に構築することができる、「Movable Type for Azure」および「Movable Type Advanced for Azure」の提供を開始しました。

また、同社が Movable Type をベースに開発する、エンタープライズに最適なハイエンド機能を搭載した上位版「MTCMS」を、Microsoft Azure 上で提供する「MTCMS on Azure」もあわせてリリースしています。

Movable Type for Azure / Movable Type Advanced for Azure について

「Movable Type for Azure」「Movable Type Advanced for Azure」は、Microsoft Azure 上で簡単に Movable Type および Movable Type Advanced を展開でき、Microsoft Azure Marketplace に用意されるさまざまな機能やPaaSと連携し、スマートなウェブサイト構築を可能にするCMSプラットフォームです。

ソフトウェアの料金と Microsoft Azure Marketplace へのリンクは、それぞれ下記となります。

Movable Type for Azure

12円/1時間 

Movable Type Advanced for Azure

120円/1時間

※ 上記の料金には Azure のインフラストラクチャコストは含まれません。
※ Movable Type for Azure / Movable Type Advanced for Azure は、スカイアーク社からの提供となります。

MTCMS on Azure について

「MTCMS」は、スカイアーク社が Movable Typeをベースエンジンとし、「多段階の承認フロー機能」、「セキュリティシンク機能」など、大規模サイト向けに機能を拡張開発したエンタープライズCMSで、これまで大手企業を中心に2,000社に導入されています。「MTCMS on Azure」は、その「MTCMS」を Microsoft Azure のクラウド環境にスムーズに導入することができるCMSプラットフォームです。

金融業や製造業を中心としたエンタープライズ市場では、BCP対策(事業継続計画)の一貫として、別拠点間のシステム冗長化や、高いセキュリティレベルが要求されます。そして、要求を満たすために、高額なECM(Enterprise Content Manager)のライセンス費用や、システム構築に莫大な費用が生じ、CMS導入の大きな妨げとなっています。

「MTCMS on Azure」なら、関東リージョンと関⻄リージョン間でディザスタリカバリも実現可能です。Microsoft Azure は日本法が準拠法である点も、国内の大手企業が導入しやすいポイントとなっています。また、Windows Server + SQL Server も選択でき、 Active Directory などの社内システムとの連携はもちろん、Microsoft Office などとの連携もスムーズです。

このほか、「MTCMS on Azure」の主な機能や、プラン・料金、導入事例については、スカイアーク社の公式サイトをご参照ください。

「Movable Type for Azure」「Movable Type Advanced for Azure」「MTCMS on Azure」に関するスカイアーク社のアナウンスメントは下記となります。

Maki Sawa   14:15

Movable Type ソフトウェア版は無料トライアルが可能です。
ライセンスの購入、クラウド版の申し込みは、製品購入からお進みください。

Movable Type 全般に関しての疑問や、導入に際してのご相談など、コンサルタントに直接ご相談いただける予約制の相談会を開催しています。

Movable Type 導入相談会のご案内

ドキュメントやユーザー向けの情報はこちら

Movable Type のくわしい使い方や、タグリファレンス、開発者向けのドキュメントなどは、MovableType.jp で公開しています。プラグインやテーマは、プラグインディレクトリをご覧ください。