Movable Type News

記事一覧 RSS

2017年 7月19日(水)

Movable Type 6.3.5 の提供を開始

Movable Type 6.3.4 以前のバージョンで確認された複数の問題の修正、および機能改善を含む新しいバージョンとして、Movable Type 6.3.5 の提供を開始します。

今回のアップデートに Movable Type 本体におけるセキュリティに関する修正は含まれません。

主な新機能・改善された機能など

Data API

下記の機能が追加され、API バージョンが 3.2 に上がりました(エンドポイントは v3 のままとなっています)。

  • 記事の作成や編集時の再構築の実施有無を指定できるように
  • search エンドポイントで検索対象を絞れるように
  • ユーザーの Web サービスパスワードが変更可能に

クラウド版

  • Nginx のバージョンが 1.12 に
  • Starman の MaxRequests が 100 に

Movable Type for AWS / Movable type Advanced for AWS

  • Amazon Linux を 2017.03 にアップデート

そのほか、多数の修正を行っていますので、詳細はリリースノートをご確認ください。

Movable Type 6.3.5 の入手方法

Movable Type 6 のライセンスをお持ちでない方
ライセンスご案内ページからご購入ください。
Movable Type 6 のライセンスをお持ちの方、Movable Type Advanced をご利用の方
シックス・アパート ユーザーサイトからダウンロードいただけます。
Movable Type クラウド版をご利用の方
既にメンテナンスを実施し、自動アップデートを有効にされているすべてのお客様の環境で、アップデートが完了しています。※ 自動アップデートは初期設定では有効です。意図的に無効にされている場合を除き、アップデートが実施されています。
Movable Type for AWS / Movable Type Advanced for AWS をご利用の方
AWS Marketplace に最新版を申請済みです。適用され次第、アップデートしてください。Movable Type for AWS バージョン 6.0.4 以降を AWS Marketplace から新しくインスタンス化している場合は、yum コマンドを利用したアップデートが利用可能です。
アップデートの詳しい手順については、以下のページをご覧ください。
個人無償版をご利用の方
個人無償版ダウンロードフォームより再度お申し込みいただき、改めてダウンロードしてご利用ください。

その他、Movable Type の詳細は製品サイトをご覧ください。

Maki Sawa   11:00

Movable Type ソフトウェア版は無料トライアルが可能です。
ライセンスの購入、クラウド版の申し込みは、製品購入からお進みください。

Movable Type 全般に関しての疑問や、導入に際してのご相談など、コンサルタントに直接ご相談いただける予約制の相談会を開催しています。

Movable Type 導入相談会のご案内

ドキュメントやユーザー向けの情報はこちら

Movable Type のくわしい使い方や、タグリファレンス、開発者向けのドキュメントなどは、MovableType.jp で公開しています。プラグインやテーマは、プラグインディレクトリをご覧ください。