Movable Type News

記事一覧 RSS

2016年 9月28日(水)

Movable Type 6.3.2 の提供を開始

Movable Type 6.3.1 以前のバージョンで確認された、複数の問題の修正および機能改善を含む新しいバージョンとして、Movable Type 6.3.2 の提供を開始します。本リリースには、Movable Type 6.3 向けパッチ(クラウド版には適用済み) の内容も含まれます。

なお、Movable Type におけるセキュリティに関する修正はありませんが、クラウド版の環境において、先日発表された OpenSSL の脆弱性(CVE-2016-6304 など14件)への対応もあわせて行っています。

新機能・改善された機能

ログ機能の強化

以前のバージョンでも、管理画面のログ一覧からログをCSVファイルに出力することはできましたが、6.3.2 では、リアルタイムに外部ファイルに出力できるようになっています。ログファイルを監視することで、セキュリティへの脅威やエラーへの対応を迅速に行えます。また、ログレベルに応じて出力する内容をコントロールすることができるので、開発中はすべてのログを出力し、運用サーバーではエラーのみにする、といった運用が可能です。

また、幾つかの機能においては、動作中の経過について info レベルでの出力に対応しています。詳細はリリースノートをご確認ください。

変更された機能

クラウド版における DynamicCacheTTL の初期設定

DynamicCacheTTL の値として 3600 が初期設定されています。ダイナミック・パブリッシングで生成される Smarty の一時ファイルは1時間で削除され、次のアクセスのタイミングで再生成されます。

そのほか、環境変数の追加や機能の変更、問題の修正などを行っていますので、リリースノートにてご確認ください。

Movable Type 6.3.2 の入手方法

Movable Type 6 のライセンスをお持ちでない方
ライセンスご案内ページからご購入ください。
Movable Type 6 のライセンスをお持ちの方、Movable Type Advanced をご利用の方
シックス・アパート ユーザーサイトからダウンロードいただけます。
Movable Type クラウド版をご利用の方
既にメンテナンスを実施し、自動アップデートを有効にされているすべてのお客様の環境で、アップデートが完了しています。※ 自動アップデートは初期設定では有効です。意図的に無効にされている場合を除き、アップデートが実施されています。
Movable Type for AWS / Movable Type Advanced for AWS をご利用の方
Movable Type for AWS バージョン 6.0.4 以降を AWS Marketplace から新しくインスタンス化している場合は、yum コマンドを利用したアップデートが利用可能です。
AWS Marketplace で提供中のAMIは、Amazon Linux 2016.09 での検証が済み次第リリース予定です。Marketplace から新規でインスタンスを起動される場合、6.3 で起動後、yum コマンドで最新版にアップデートしてください。
2016/10/26 16:00 追記:
Amazon Linux 2016.09 での検証が終了し、AWS Marketplace で提供している Movable Type for AWS / Movable Type Advanced for AWS が 6.3.2 にアップデートされました。

アップデートの詳しい手順については、以下のページをご覧ください。
個人無償版をご利用の方
個人無償版ダウンロードフォームより再度お申し込みいただき、改めてECバイヤーズよりダウンロードしてご利用ください。

その他、Movable Type の詳細は、製品サイトをご覧ください。

Maki Sawa   11:00

Movable Type ソフトウェア版は無料トライアルが可能です。
ライセンスの購入、クラウド版の申し込みは、製品購入からお進みください。

Movable Type 全般に関しての疑問や、導入に際してのご相談など、コンサルタントに直接ご相談いただける予約制の相談会を開催しています。

Movable Type 導入相談会のご案内

ドキュメントやユーザー向けの情報はこちら

Movable Type のくわしい使い方や、タグリファレンス、開発者向けのドキュメントなどは、MovableType.jp で公開しています。プラグインやテーマは、プラグインディレクトリをご覧ください。