広報ブログ

シックス・アパートの広報より、社内のさまざまなトピックをお届けします。

ブロックを組み合わせてデザインできる新テーマ「BLOCK LAYOUT」を公開しました #MovableTypeNet #週刊SA

blocklayout.jpg

こんにちは、広報のことぶきです。最近のシックス・アパートのニュースをまとめてご紹介する「週刊シックス・アパート」をお届けします。

MovableType.net

ブロックレイアウト機能を活用しHTMLの知識不要でページをデザインできる新テーマ「Block Layout」を公開しました。背景画像+コンテンツ・タイトルエリア・各種カラム・ショルダー付き見出し・リンクボタンなどプリセットのブロックを組み合わせることで、コンテンツの内容に合わせた見やすいページレイアウトを実現します。MovableType.net の他のテーマ同様、無料でご利用いただけます。

【CMS 新テーマ追加】 トップページを含む各ページを、ブロックエディタでレイアウトして作成できる新テーマ「Block...

MovableType.netさんの投稿 2021年1月20日水曜日


フォームの新機能です!添付ファイル受け付け時、設定したルールに従って自動でファイル名を書き換える機能を追加しました。タイムスタンプや受付番号、フォームの項目名を組み合わせてファイル名に設定できます。受け付けたファイル名が統一されるので、その後の取り扱いが楽になります。

【CMS / フォーム新機能】 MovableType.net のフォーム機能、および MovableType.net フォーム...

MovableType.netさんの投稿 2021年1月27日水曜日


カスタムブロックとして、「リンク付きバナー画像」ブロックを作る方法をご紹介します。

【活用ブログ更新】 カスタムブロックを使えば、ブロックエディタに独自のブロックを追加可能です 今回は、カスタムブロックで「リンクを設定したバナー画像を設置できるブロック」の作り方を解説しています ぜひ参考にしていただき、カスタムブロックをご活用ください

MovableType.netさんの投稿 2021年1月27日水曜日


Movable Type

先月公開した新しいブロックエディタプラグインのα版を、アップデートしました。ブロックの表示設定をプリセットとして複数作成し、コンテンツフィールドごとに選択できるようになっています。まだ、開発途中のα版なので本番環境では無くテスト環境などでご利用ください。フィードバック、お待ちしています!

【新しいブロックエディタのプラグインα版を更新】 昨年12月に公開した Movable Type 7 用のブロックエディタプラグイン...

シックス・アパート株式会社さんの投稿 2021年1月28日木曜日


Movable Type クラウド版 の PHP と Apache のバージョンをアップデートしました。あわせて、Uploader プラグインの rsync による転送にも対応しています。詳しくは、記事をご覧ください。

Movable Type クラウド版 の PHP と Apache のバージョンを以下のとおりアップデートしました。 ・PHP 7.4 ・Apache 2.4.46 あわせて、Uploader プラグインの rsync...

シックス・アパート株式会社さんの投稿 2021年2月2日火曜日


SAWS

リモート中心になると、オフィスがほぼ無人になる時間も増えますよね。シックス・アパートでは空っぽのオフィスの状況を、さまざまなセンサーで常時計測しています。センサー設置の目的やその活用について、まとめました。

オフィスの様子をリモートからうかがう方法として、シックス・アパートではラズパイに接続したIoTセンサーを活用しています。 エンジニアの実験から始まった、シックス・アパートのTECHなリモートワークノウハウをご紹介します https://www.sixapart.jp/pressroom/2021/01/office_monitoring_with_iotsensor.html

シックス・アパート株式会社さんの投稿 2021年1月20日水曜日

シックス・アパートや製品に関連するセミナーや勉強会など


2018-07-05sa.png

ではでは、また来週の週刊シックス・アパートでお会いしましょう。

Raspberry Piと温度・湿度・CO2濃度・照度センサーで、オフィスを見守ろう

IoTsensor.jpeg

リモート中心に切り替わり、オフィスがほぼ無人になる時間が大半という会社も増えているのではないでしょうか。そんなとき温度・湿度・照度などのセンサーを設置しておけば、リモートにいてもオフィスの様子をうかがい知ることができるのです。

シックス・アパートでは、センサーを使ってオフィスの環境を計測する仕組みを長年運用しています。

はじまりは「IoT」がバズワードになっていた2015年頃。当時のシックス・アパートは赤坂に広いオフィスを持っていてエアコンの温度設定に腐心するという課題がありました。どこの会社でもよくあることですよね。

IoTに興味を持っていたエンジニアたちが、この課題に目をつけました。「いろいろ測って最適なコントロールを目指す」という良い言い訳をみつけて、ワンボードマイコン「Raspberry Pi」に温度、湿度センサーを搭載し、計測を始めたのが最初でした。

その後2016年夏に、シックス・アパートは「必要な時だけ出社」するワークスタイル(SAWS)に切り替わり、コンパクトな神保町オフィスに移転しました。赤坂オフィスでエアコンの温度設定の参考のために設置していた仕組みも、神保町にそのままお引っ越し。いくつかのセンサーを追加拡張し、リモートからもオフィスの状況が把握できるようアップデートして、運用を続けています。

というわけで、この記事ではリモート中心にシフトした会社のみなさま向けに、リモートからオフィスの様子をうかがう方法の一つとして、シックス・アパートのアイデアを共有します。

どうやって計測しているの?

Raspberry Pi と各種センサーを組み合わせて作ったものを、会議室と執務室に設置しています。接続しているセンサーは、温度・湿度・二酸化炭素(CO2)濃度・照度・人感(人の動きを感知)などです。取れそうなデータいろいろ取ってみた感じですね。

この通り、メカメカしいビジュアルです。

sensor.jpg

このセンサーで計測した数値は、毎正時にSlackに投稿されます。

slack.png

一行目が上の写真のセンサーで計測した、執務室の気温、湿度、照度、CO2濃度。
> 15.67℃ 35.81% 51lx 400ppm(0)

二行目が小会議室に置いてある別のセンサーで計測した気温と湿度です。
> 18.08℃ 30.66%

どう活用するの?

さて、このようにオフィスの気温、湿度、照度、CO2濃度がわかると何が便利なのでしょうか。

シックス・アパートでは、この計測データをこんな風に使っています。

  • オフィスの照度の変化から、オフィスの稼働(最初の出社・最後の退社)がわかる
  • 誰かが出社しているとき(エアコンがONになっている時間)と、退社後や土日の日中(エアコンOFF時)の気温差を見て、エアコンの消し忘れに気付ける
  • CO2濃度が1000ppmを超えるとSlackにアラートが送られ、社内にいる人に換気を促す
  • オフィスに出社すると(=照明を付けると)社内で設置しているサウンドマスキング用の環境音(カフェサウンド)が自動で再生され、暗くなると自動で止まる

このようにデータを取得しておくことで、数値の変化をいろんなものと連動させることが可能です。もちろん、当初の目的であったエアコンの温度設定の参考としても役立ちます。

計測方法はお調べください

「なるほど、うちのオフィスでも同じように計測してみたい」と思った方に、シックス・アパートのこの仕組みの詳細を共有したいところなのですが、これは2015年に作ったものなので、今ならばもっと簡単に作る方法があると思います。

以前に比べて、こういった環境測定のセンサー類は入手がしやすくなっていますし、Raspberry Pi を使わずとも、市販のクラウド温度計などもAPI経由で値がとれるものもありますから、よりスマートに実現できるかもしれません。いまならスマートスピーカーと組み合わせてもよいかもしれませんね。ぜひ調べてみてください。

参考までにシックス・アパートのはやせが個人宅で試してみた事例の記事を共有します。記事に書いてあるのは、アプリで計測データが見られる仕組みですが、さらにオプションのハブを購入するとAPIを通じてデータを活用することが可能です。スマートスイッチと組み合わせれば、設定した湿度で加湿器のオンオフを制御するなど可能性が広がりますね。

SwitchBot 温湿度計を仕事部屋に設置したら生活しやすくなった | hayase.tvブログ

まとめ

以上、シックス・アパートのIoTセンサーを活用した、オフィスの状況をざっくり把握する仕組みのご紹介でした。

リモート中心になっても、神保町のオフィスは私たちにとって欠かせない場所です。たまにしか出社しないけれど、オフィスのこともゆるく気に掛けておきたい。そのためにも、この毎時計測&レポートは有用だなと感じています。

このアイデアが、リモートワーク中心の会社で働く皆さんとオフィスとをつなぐアイデアとして、参考になれば幸いです。


2018-07-05sa.png

最後に宣伝です。

シックス・アパートのリモートワークのノウハウを凝縮した書籍『リモートワーク大全』が、各種書店にて販売中です。自宅内のワークスペースの作り方、オンライン会議、社内コミュニケーション、 家族との付き合い方、体調管理、ストレス、時間管理など、リモートワーカーが知っておきたいすべてを1冊に凝縮しました。詳しくは、特設ページをご覧ください。

1/14(木)MT SmartSync Pack ミニセミナーのお知らせ&MTnet サイトサーチ活用ブログ記事の紹介 #週刊SA

wsa_20210112.jpg

こんにちは、広報のことぶきです。2021年も、ここ広報ブログにて、シックス・アパートの最近のニュースとこれからの予定と社内のあれこれをご紹介する連載ブログ記事、週刊シックス・アパートをお届けしていきます。引き続きどうぞ、よろしくお願いいたします。

Movable Type

毎月開催のオンラインミニセミナー、1月は大規模サイト運営で役立つサーバー配信(ステージング)機能と、ワークフロー機能を搭載する「Movable Type SmartSync Pack」について徹底解説します。1月14日(木)14:00開催。1.5時間ほどのコンパクトなセミナーです。ぜひご参加ください。



MovableType.net

2021年最初の活用ブログ記事は、MovableType.net サイトサーチで、特定のディレクトリは以下を検索対象から除外する方法について。Google Programmable Search を検索エンジンとして利用しているため、Google 側の管理画面より設定を行います。詳しくは記事をご覧ください。

【活用ブログ更新】 サイト内検索サービス「MovableType.net サイトサーチ」でよくあるご質問「特定のディレクトリ配下を検索対象から除外するには?」にお答えしています。 「MovableType.net サイトサーチ」はGoogleのAPIを使用しているため、Google側での設定が必要になります。ぜひ参考にしてください

MovableType.netさんの投稿 2021年1月5日火曜日

シックス・アパートや製品に関連するセミナーや勉強会など


2018-07-05sa.png

ではでは、また来週の週刊シックス・アパートでお会いしましょう。

2021年、新年あけましておめでとうございます

images_2021.png

あけましておめでとうございます。丑年2021年のシックス・アパートは、1月4日(月)より営業を開始しました。

今年も変わらず毎週(原則)月曜に、最近のシックス・アパートのニュースや今後の予定をまとめた記事 [週刊シックス・アパート] を、ここ広報ブログでお届けしていきます。シックス・アパートの Facebook ページに、いいねしていただければ更新情報を受け取れます。よろしければこの機会にフォローください。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。本年も、どうぞよろしくお願いいたします。良い年にしましょう。

2018-07-05sa.png

お知らせです。1月14日(木)に、年明け最初のオンラインセミナーを予定しています。COLSIS社Movable Type SmartSync Pack について、詳しくお話をさせていただきます。コストパフォーマンスの高いハイエンドCMSについてじっくり学べる機会です。奮ってご参加ください。

MTアドベントカレンダー完走!&2020年のシックス・アパートのトピックまとめ #週刊SA

wsa20201228.jpg

こんにちは、広報のことぶきです。毎週お届けしてきた「週刊シックス・アパート」も、2020年最後の記事となりました。

まずは、本日無事完走した「Movable Type Advent Calendar 2020」の22日目-25日目の記事を一挙にご紹介します。

12/22 「MTAppjQueryでちょっと工夫してみた | 増子良太のブログです。

22日目、増子さんの記事は、今年も人気のMTAppjQueryのお話でした。カスタムしてUI側は使いやすくできたとしても、ソースコードが冗長だとメンテの際に困ります。レシピサイトを例に、メンテしやすい記述の工夫のご提案でした。



12/23 「セレクトボックスのコンテンツフィールドに値を一括設定できる「SelectBoxBulkSetterプラグイン」: 小粋空間

小粋空間荒木さんは、Movable Type 7のセレクトボックスのコンテンツフィールドの値を一括設定できる「SelectBoxBulkSetterプラグイン」を公開されています。都道府県名など選択肢の多いコンテンツタイプを作成する際に、指定のフォーマットを流し込むことで一括登録できるそうです。「都道府県」「職業」「業種」の値が設定済みのプラグイン「DefinedSelectBoxプラグイン」も公開されています。



12/24 「「あったらいいな」MTRSが提供するMovable Type プラグイン「MT-MCTField」の紹介 - WIMEDIA

クリスマスイブの記事は、株式会社ワールドイズマインの加藤さんです。こちらの記事も、新しいプラグインの公開です。ひとつの「コンテンツタイプ」フィールドに複数のコンテンツタイプを登録できる「MT-MCTField」(MT-MultipleContentTypeField)です。例えば、記事下に種類の異なるコンテンツを「関連記事」として表示したい時に使えそうですね。



12/25 「リンクをブログカードで挿入するブロックタイプを追加するMovable Typeのプラグイン - blog.taaas.jp

ついに最終日!25日目の記事は、シックス・アパートのエンジニア天野さんの記事でした。URLを指定するだけでリンク先のサムネイル画像などを含むブログカードを生成できる「mt-plugin-mtbe-OGPEmbed」プラグインです。12月21日に公開したばかりの Movable Type 7 用のブロックエディタプラグインのα版と共に利用します。



以上、2020年のアドベントカレンダーにご参加いただいた皆さんのおかげで今年も無事完走でした!今年は、MTのHeadless CMS的利用、MT.netのカスタムブロック活用、ビジネス面での他CMSとの比較、多数の自作プラグインの紹介、などさまざまな切り口でみなさんにMTの活用について語ってくださいました。大変嬉しく思っています。2021年も Movable Type ファミリーをどうぞ宜しくお願いいたします。

2018-07-05sa.png

後半は、シックス・アパートの2020年のトピックをまとめます。

Movable Type

2020年は Movable Type 7 を安心して使い続けていただくためのアップデートとメンテナンスを小まめに行ってきた1年でした。Movable Type 6、7、Movable Type Premiumシリーズのそれぞれの最新版の公開日と更新内容については、Movable Type リリースノートをご参照ください。

また、6月にはVagrantとDockerの環境を利用して Movable Type の開発環境を簡単に構築できる「mt-dev」を公開しました。



10月に、AWS Marketplace で提供している Movable Type AMI版 に、AWS Graviton プロセッサで稼働する EC2 インスタンスに対応するラインナップを追加しました。より高速な環境をより安価に利用できます。



そして、12月に公開したのは、MovableType.net のブロックエディタを、Movable Type 7 で利用できるプラグインのα版です。カスタムブロックも利用できます。α版のため、公開サイトではなくテストとしてご利用ください。そしてフィードバックをお待ちしています!



また、今年はほぼすべてのセミナーがオンライン開催となりました。オンラインならではの伝え方、参加者の皆さんとのコミュニケーションの仕方、これからも工夫していきたいと思っています。年明け1月14日(木)にはMovable Type SmartSync Pack 徹底解説のセミナーを開催します。14時スタート、1時間半ほどで終わるミニセミナーです。ぜひご参加ください。

MovableType.net

サービス型高機能CMS MovableType.net ならびに、MovableType.net フォームMovableType.net サイトサーチは、今年も利用してくださる方のご要望にお応えする新機能を多数追加しました。SaaSならではのスピード感をもって、進化しています。

1月にリリースしたのは、ローカルビジネスを支援するための「Google マイビジネス」連携機能です。お店からのお知らせをブログに投稿するだけでなく、同時にGoogle マップの店舗情報などに掲載することができます。



4月、ステイホームが呼びかけられる中でテイクアウトにシフトする飲食店を支援するプロジェクトを開始しました。MovableType.netの期間限定無償ライセンスと共に、有志が地元のテイクアウト店舗紹介サイトを作るためのテーマを配布しています。シモキタTAKEOUTさんのサイト構造をテーマ化させていただきました。12月末現在も継続的に支援を続けています。新たにテイクアウト情報サイトを立ち上げたい方はお気軽にご相談ください。



6月に公開したのは、新しい編集フォーマットです。Markdownやリッチテキストなどに既存のフォーマットに加えて、「ブロックエディタ」が利用できるようになりました。オリジナルの要素を追加するカスタムブロックも追加可能です。ブロックエディタについては、12月にMovable Type 7 用にもブロックエディタプラグインのα版を提供しています。



そして、11月にはMovableType.netとして「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2020」の「ベスト海外展開賞」を受賞いたしました!評価いただいたことを、とても嬉しく思っています。



オウンドメディア勉強会

オウンドメディア勉強会も、オンラインに軸足を移して活動を続けてきました。年末のオンライン忘年会では来年実施したい会のテーマもたくさん出てきたので、運営メンバーと共に企画を練っています。来年もどうぞよろしくお願いいたします。



シックス・アパートの必要な時だけ出社する働き方「SAWS」

今年は、シックス・アパートが2016年から取り組んできた「SAWS」のノウハウをありったけ出し尽くした1年でした。日経DUAL連載「共働き親のリモートワークを快適化せよ!:日経DUAL」をはじめとしてさまざまなメディアに取り上げていただきました。その集大成が11月に発売した『リモートワーク大全』(ポプラ社)です。リモートチームの一員としての足並みの揃え方や、在宅での効率の良い働き方、リモートワーカーの健康についても書きました。ぜひお手に取ってみてください。


2018-07-05sa.png

以上、2020年のシックス・アパートの主なトピックスを振り返ってみました。

シックス・アパートは12月28日を仕事納めとし、年末年始休暇に入ります。各製品へのお問い合わせにつきましても、12月29日(火)から2021年1月3日(日)までお休みをいただきます。新年は、1月4日より営業開始いたします。

今年もお世話になったユーザーや顧客企業の皆様、製品ユーザーコミュニティの皆様、パートナー企業の皆様をはじめとした全ての皆様に感謝いたします。良い年末年始をお過ごしください。

では、来年の週刊シックス・アパートでお会いしましょう。

page top