広報ブログ

シックス・アパートの広報より、社内のさまざまなトピックをお届けします。

Lekumo ブログをリリースしました&MTのアドベントカレンダー中盤のまとめ [ほぼ週刊SA]

こんにちは。広報のことぶきです。

昨日、シックス・アパートの新しいブログサービス「Lekumo ブログ」をリリースしました。みんなで使うブログというコンセプトのサービスです。グループで使うミニソーシャルメディアのような感覚で使っていただけると便利です。仲間を巻き込んで気楽に書き始められる場所になると良いなと思っています。

今だけ、30日間無料です。ぜひお試しください。そしてフィードバックお待ちしています。

みんなで書けるちょうどいいブログ「Lekumo ブログ」をリリースしました!ご家族やお店のスタッフやチームメンバーなどみんなで書けるサービスです。誰でも読める公開ブログはもちろん、メンバーだけの限定公開ブログにも。メールでかんたん投稿もできます。 #lekumoblog

https://www.lekumo.blog/2018/11/news01.html

Lekumo ブログさんの投稿 2018年12月17日月曜日

2018-07-05sa.png


先週に引き続き、今日も「Movable Type Advent Calendar 2018」の記事をご紹介していきます!


ポッドキャスト用の汎用的なテーマを作成中(MT7用)

ポッドキャスト歴13年のベテラン、potaufeuさんがポッドキャスト配布用のMT7テーマ作成中だそうです。最近もまた音声コンテンツが話題になってるし、MT7 のコンテンツタイプの活用例としても興味深いです。公開を楽しみにしています!

MovableType.net Dashboard Utility ver0.4.50リリース!

このアドベントカレンダーを呼びかけてくれた西山さんの記事です。MovableType.net のダッシュボードを使いやすくする Chrome ブラウザのエクステンション、MovableType.net Dashboard Utilityが、今年も進化したそうです。今年はMovableType.net フォームにも対応されてます。さすがです。

PythonでData APIにアクセスする

藤本さんの記事では、Python でData API にアクセスしコンテンツデータを取得・作成するためのサンプルコードが公開されています。「Raspberry PIで電子工作する際にも、Pythonでプログラムを書くことが多いです」とのことですが、ラズパイと Data API が組み合わせて何かできたら面白そう!そういえば、藤本さんは以前再構築LEDバーも作ってましたね。

Movable Type Premium開発におけるテストの自動化について

Github の Issue で参戦してくださったのは、スカイアークのスガマさんです。もうすぐリリースされる「Movable Type Premium」のテスト自動化について。単体テストと結合テストの自動化の事例(コード付き)、普段あんまり外に出ないこういう話を公開くださってありがとうございます!そして、Movable Type Premium についてはデリバリー&トライアルについても実施予定とのことです。よろしくお願いいたします!

2019年からMovable TypeはASP版の.netを主力にしたい

うぇびんさんの記事は、.netの機能追加がやばい&いくつかのCMSとの関係の変化&原点回帰と言うことで、MovableType.net を主力にしてくださる、という心強い内容の記事でした!「個人的な理由になりますが、MovableType.netを見ていると、MTを使い始めた頃を思い出します。(中略)あの頃は自分が書いたコードや記事がHTMLで書き出されるのが本当に楽しくて、毎晩「これでどんなサイトが作れるだろう」と試行錯誤していたものです」自分が書いたものがサイトになるのが楽しかった頃を思い出させてくれる、だなんて、泣けます。



20周年のmushikabu.netで MovableTypeを使い続ける理由

2007年、Movable Type 3.3から気づけば10年以上使い続けてくださってる岩崎さんの「使い続ける理由」の記事です。業務でさまざまなCMSに触れられている中で、個人のサイトではずっと MT を使い続けてくださってるそう。感謝です!

案件でよく使うCMSのあれこれ

mersy さんの記事は、Movable Type、Craft CMS、Drupal、a-blog vms、WordPressのそれぞれの用語や特徴を整理してまとめてくださった記事です。拡張機能一つとっても、プラグインとかモジュールとか拡張アプリとか、ネーミングがそれぞれ微妙に異なりますよね。データの扱い方や分類も多種多様なルールをまとめてくださってて、勉強になります。

Python と MT DataAPI で 「お勉強ログ」プログラムを書いたよ - MTはデータ保存箱

9月にPythonの勉強を始めたばかりというacokikoyさんの記事です。「お勉強ログ」を、黒い画面から直接MTに投稿できるそうな。iPhoneからはPythonistaっていうアプリ経由でできるんですね。3か月でこれが作れるのすごいです!


以上、今の時点までの記事をまとめました。アドベントカレンダーは25日までなので、残すところあと7記事です。楽しみにしています!


2018-07-05sa.png

では、最近のシックス・アパートニュース、まとめてご紹介のコーナーです。

MTのアドベントカレンダー続々更新されてます [ほぼ週刊SA]

こんにちは。広報のことぶきです。

12月1日から25日まで、みんなでテーマに沿ったブログ記事を毎日ひとつずつ投稿していくお祭り「アドベントカレンダー」に、今年もたくさんの記事が公開されています!

MT蝦夷グループのジャクスタポジション 西山さんの呼びかけではじまった Movable Type に関連していればなんでもOKな「Movable Type Advent Calendar 2018」の記事をいくつかご紹介します。

adv.png

Movable Type の学習コンテンツについて思ったこと

一日目は、BUNさんによるシックス・アパート公式やユーザーさん執筆のMT学習コンテンツのまとめ記事でした。ドキュメントの更新、がんばります!

MT7でコンテンツデータに属するカテゴリセットの値を取得するには?

hei_aさんのMT7のカテゴリセットの活用記事。「コンテンツデータに属するカテゴリセットの値については、これくらいのパターンを覚えておけばどんなパターンのHTMLにも対応できるのではないかと思います」とのこと。カテゴリセットを扱う予定のある方、必読です。

MT7のコンテンツタイプって何??

今年はMT7リリースイヤーだけあって、MT7ネタが多くて嬉しいです。続いては、rmascoさんのコンテンツタイプ解説記事。カスタムフィールドと混同しがちなコンテンツタイプの使いどころについてご紹介いただいてます。

DockerでMovable Type用のローカル環境を構築してみた

redamoonさんからは、コンテナ型仮想化ツールDockerで、ローカル環境にMT7の実行環境を構築してみた記事です。作って壊せるお試し環境構築に最適なノウハウですね。結婚記念日のカレンダー参戦もありがとうございます!

Movable Type 7 で活躍しそうな検索システム「bpSearch.php」というのを作ってみた

MT界隈の皆さんが必ず一度はお世話になっているブログ「かたつむりくんのWWW」のtinybeansさんの記事は、MT7用のPHPベースの検索システムのお話です。早速使ってみたいと言う声もあるようで、いずれ公開されるのでしょうか。楽しみです。

MTDDC Meetup HOKKAIDO/TOKYO 2018参加レポート

海老庵さんからは、「MTDDC Meetup HOKKAIDO 2018」と「MTDDC Meetup TOKYO 2018」の参加レポ。北海道と東京のカンファレンス、両方とも参戦されてる時点で、ガチ勢です!ご参加&レポートありがとうございました。

2017年Adventカレンダーの内容を「Uploader」として開発・販売したけどMTクラウドでも使えるようにしている話(クーポンコード付き)

cherry-pick 及川さんの記事は、昨年のアドベントカレンダーで書かれていた「Uploader for Movable Typeの新バージョンDelivery(開発中)のご紹介」の商品化のお知らせでした。開発環境と公開環境のファイルを同期できるMT7対応のプラグインです。クーポンコード付きなのも、要チェックです!

【Movable Type 7】TinyMCEボタンのカスタマイズ

投稿画面のWYSIWYGエディタTinyMCEにボタンを追加するカスタマイズについて、Tokunagaさん執筆の記事です。昔からあるプラグインのMT7での動作検証ならびにカスタマイズ事例の共有、ありがとうございます!

iOSの「ショートカットアプリ」のショートカットを作成するShortcutsAppプラグイン

続いては、iOSの「ショートカット」アプリとMT7のData APIを組み合わせて簡易な投稿アプリを作る!という、usualoma さんの記事です。「ショートカット」で作ったアプリは、写真アプリなどのシェアボタンからも呼び出せるので、Twitterに投稿する感覚で、MTにも記事投稿できるというお手軽さです。


2018-07-05sa.png


今年はさらにもう一つ、MT関連のアドベントカレンダーが始まっています。bit partのtinybeansさんが呼びかけている「MTAppjQuery アドベントカレンダー」です。こちらも怒濤の勢いで更新されています!

なかでも「私が長年MTAppjQueryを愛用し続ける理由」と言う記事のriatwさんの言葉が印象的でした。

MTAppjQuery = カンナのようなプラグインだと思う

MTAppjQueryは、毎日MTを使ってコンテンツを更新する人々の手に馴染むよう、細かいところまで使いやすく調整できる、カンナのような道具なのですね。


2018-07-05sa.png


12月に入って一気に寒くなりましたが、シックス・アパートの私たちは、毎日MTにまつわる熱い思いが詰まった記事を受け取って、ほくほくしています。記事を書いてくださった皆さま、ありがとうございます!続く記事も楽しみにしています!!

では、最近のシックス・アパートニュース、まとめてご紹介のコーナーです。

青森県と共同で「働き方改革成功のカギは『テレワーク』にあり」セミナーを開催しました [ほぼ週刊SA]

こんにちは。広報のことぶきです。

青森県と共に推進している「SAWS@青森」キャンペーンの一環として、先月、青森県のコワーキングスペースでセミナーを開催しました。

以下、事業開発担当の作村によるレポートです。

2018-07-05sa.png

先月、青森市のコワーキングスペース Gravity CO-WORK にて 「働き方改革成功のカギは『テレワーク』にあり!」というセミナーを、青森県とシックス・アパート共同で開催しました。

セミナー前半は作村から「「出社しない」という働き方改革とパソコン作業自動化のデモンストレーション」について発表。

参加者の中には、東京の企業に勤務しながら青森で暮らす会社員の方が2名いらっしゃいました。まさに、SAWS@青森で支援していきたいワークスタイルです。テレワークが着実に根付き始めていると実感しました。

sakumura.jpg

前半は、Movable Type エヴァンジェリストの長内から「ウェブで情報発信することの意義とCMSを活用したウェブサイト制作・運用の基本」と題したプレゼンを行いました。

参加者の半分は夏の「ウェブページ制作講習会」にも参加した高校生たちでしたが、みなさん真面目な顔で聞いてくれていました。

nick.jpg

シックス・アパートは、今後も青森県とともに県内のテレワーカー支援のための活動を行っていきます!

追伸:青森のラーメンもおいしかったです。

ramen.jpg

2018-07-05sa.png

では、最近のシックス・アパートニュース、まとめてご紹介のコーナーです。

シックス・アパート15周年パーティーを、iPhone だけでプロカメラマンに撮影してもらいました

2018年12月2日に、シックス・アパートは設立15周年を迎えました。これまでの15年を支えてくださった、全てのユーザーや顧客企業の皆様、全国各地のユーザーコミュニティの皆様、パートナー企業の皆様に、心より感謝申し上げます。

この記事では、先週末に社内のメンバーで開催した15周年記念パーティーの模様をご紹介します。

せっかくのパーティーなので、iPhonegrapher 三井 公一さん(@sasurau)さんにご協力いただき、iPhone XS Max のみで、撮影していただきました!写真は、こちらでリサイズ&画像ファイルサイズ圧縮だけしています。

では、写真たっぷりでレポートしていきます。

2018-07-05sa.png

パーティーは、代表の古賀とCTO ひらたの乾杯からスタートしました。ちなみに会場は「SPACE BRIDD 大手町」さんをお借りしました。それぞれの写真の背景となった、会場のインテリアのおしゃれさも見所です。

2_koga_hirata.jpg

よく使うサービスはYouTube・ニコ動。青森県の中学2年生が職場体験学習に来てくれました

こんにちは、シックス・アパートの中山です。

今年の5月に「青森県の中学3年生が職場見学に来てくれました」という記事を公開しましたが、先週も青森県三本木高等学校付属中学の2年生5名の職場体験学習を迎え入れました。

シックス・アパートが学生の職場職場体験学習に協力している理由は、3点あります。1つは2007年からずっと新潟県の大和川小学校の6年生を受け入れてきた経緯もあって、学校のキャリア教育支援協力のお声がけを毎回いただいていること。2つめは青森県商工労働部新産業創造課と協同で実施している「SAWS@青森」という取り組みを通して青森の中学・高校との関わりができたこと。そして3つめは、年に1、2回小中学生のみなさんと交流し、地域やインターネットとの関わり方などいろんなことを教えていただくことが、私たちにとっても興味深く楽しいから、です。

青森県での活動や、小学生の訪問に関しては、過去のブログ記事をご覧ください。

2018-07-05sa.png

この記事では、シックス・アパートの神保町オフィスに来てくださった青森県三本木高等学校付属中学の職場体験学習の日の様子をレポートします。

page top