広報ブログ

シックス・アパートの広報より、社内のさまざまなトピックをお届けします。

Movable Type 7 ベータ 2 の提供を開始しましたの巻 [ほぼ週刊SA]

こんにちは、広報のことぶきです。

3月14日に、Movable Type 7 ベータ 2 の提供を開始しました。ベータリリース以降にいただいたフィードバックへの対応や、いくつかの機能の追加・改善を行なっています。アップデートの詳細はリリースノートをご参照ください。フィードバックも、お待ちしております!

banner-top-mt7-beta.png

Movable Type 7 ベータ 2 の提供を開始しました。先日のベータリリース以降いただいたフィードバックへの対応や、いくつかの機能の追加・改善を行なっています。

ぜひダウンロードしてお試しください。

シックス・アパート株式会社さんの投稿 2018年3月13日(火)

さて、今日も最近のシックス・アパートのニュースをまとめてご紹介します。

「【MT東京-45】進化するMovableType.net事例特集&なかなか聞けないお金事情」参加レポートの巻 [ほぼ週刊SA]

こんにちは、広報のことぶきです。

今日の [ほぼ週刊シックス・アパート] は、3月10日(土)に開催されたイベント「【MT東京-45】進化するMovableType.net事例特集&なかなか聞けないお金事情。」の模様をご紹介します。レポートは、Movable Type マーケ担当のさわです。

* * *

関東エリアのMTユーザーグループ「MT東京」は毎月イベントを開催しています。今回は、先月ローンチから3周年を迎えた MovableType.net を題材に「【MT東京-45】進化するMovableType.net事例特集&なかなか聞けないお金事情。」が開催されました。

シックス・アパートからは、MovableType.net プロダクトマネージャーの早瀬が登壇させていただき、サービスの概要について紹介。

mttokyo45_hayase.jpg

そして、今回のイベントの幹事、All Home Page 株式会社・藤まなみさんは、MovableType.net を活用して低予算案件を効率よく進めた実例を、詳しくお話しされていました。

mttokyo45_fuji.jpg

最後に、北海道のユーザーグループ「MT蝦夷」主宰の株式会社ジャクスタポジション・西山泰史さんが登壇され、自社でのMTライセンスの選び方や、MovableType.net を利用した事例を「ゼロからデザインしたもの」と「テーマを使ったもの」に分けて紹介されました。

mttokyo45_nishiyama.jpg

年度末の忙しいさなかということもあり、参加者は少なめでした。しかし今回は、同じような中小規模の案件を抱えていらっしゃるWeb制作者の皆さんには、とても有益な内容だったのではないかと思います。サービスを提供している私たちにとっても、大変興味深く、参考になるお話がたくさんありました。

テーマが「なかなか聞けないお金の話」だったこともあり、「オフレコ」の内容も含まれ、公開されているスライドを見ても、ピンと来ない部分もあるかと思います。それだけ実際のセッションは濃い内容で、実際の案件の規模感や、どのようにして予算内で最大の価値を生み出したか(そして、そこで MovableType.net がどのような役割を果たしたか)、といった話がたくさん盛り込まれていました。

こうしたことを制作者同士で共有してディスカッションできるのが、ユーザーグループによるイベントの醍醐味だと思います。Movable Type ユーザーグループは、現在、全国14カ所にありますので、もし、皆さんのお近くでこうしたイベントが開催される機会があれば、ぜひ足を運んでみてください!

mttokyo45_all.jpg

* * *

参加者の皆さま、主催者のMT東京の皆さま、おつかれさまでした!さて、今日も最近のシックス・アパートのニュースをまとめてご紹介します。

Movable Type 7 ベータ版が出ましたの巻 [ほぼ週刊SA]

こんにちは、広報のことぶきです。

2月28日、Movable Type のメジャーバージョンアップとなる「Movable Type 7」のベータ版の提供を開始しました!是非お試しいただき、フィードバックをお寄せください。リリースノートはこちらをご覧ください。

Movable Type 7 の正式リリース(ダウンロード開始)は、5月ゴールデンウィーク明けを予定しています。

Movable Type のメジャーバージョンアップとなる Movable Type 7 のベータ版の提供を開始しました。製品の正式リリース(ダウンロード開始)は、5月ゴールデンウィーク明けを予定しています。

シックス・アパート株式会社さんの投稿 2018年2月27日(火)


こちらのニュースをAscii.jp、Web担当者Forumでも取り上げていただきました。ありがとうございます!

お。トフが、こんなこと言ってますよ。Movable Type 7 ベータ版のスクリーンショットのどこかにトフがいるらしい。

トフッフフートフフフー!(🌸桜🌸の季節に合わせて、プロフ画像を更新してみたよ🎵 あ、そうそう。Movable Type 7のベータ版のスクリーンショット見てみて!どこかにトフがいるんだよ⭐️と言っている)

トフさんの投稿 2018年2月28日(水)


ログインユーザーのところにトフのアイコンが!トフも、さっそく MT7 ベータ版にログインしてコンテンツタイプを試してみているんですって。今度、感想を聞いてみたい。

hwsa0305.jpg

さて、今日も最近のシックス・アパートのニュースをまとめてご紹介します。

「【MT東京-44】 Data API 4.0」イベントに参加しましたの巻 [ほぼ週刊SA]

こんにちは、広報のことぶきです。

今日の [ほぼ週刊シックス・アパート] は、2月22日(木)に開催されたイベント「【MT東京-44】 Data API 4.0」の模様をご紹介します。レポートは、前回の記事に引き続き、MovableType.net マーケ担当の中山です。

* * *

2月22日、Movable Type の関東地域のユーザーグループ「MT東京」が、Data API をテーマにしたイベント「【MT東京-44】 Data API 4.0」を開催しました。

会場は、MTLive(MTのことちょっと聞きたい、話したい人のための気軽な定期イベント)でもお世話になっているTAM COWORKING TOKYOさん。

hwsa0226.jpg

Data API は、他のプログラム言語から Movable Type にアクセスし、データの取得や更新を行うことを可能にします。

MT はウェブサイトの管理システムとしてご利用いただくことが一般的ですが、Data API を使うことで、独自の管理画面やアプリの開発、他のプラットフォームとの連携など、コンテンツの活用方法が広がります。

今回のイベントでは、Movable Type リードエンジニアの高山から、もうすぐ公開される Movable Type 7 と絡めて DataAPI を解説。

その後、MT歴8年で、昨年のMTDDCでLTをしてくださった高橋 雅也さんと、MTに関する書籍も多く執筆されている藤本 壱さんが、Data API を使った実装例を解説してくださり「想像を超えたMT活用法」に会場も盛り上がりました。当日の様子は、MT東京 公式Facebookページで実況されていますので、よろしければご覧ください。

以下、登壇した高山からのコメントです。

Data API がデビューしてから5年。開発当初から面白いことができそうな予感はしていましたが、まさかゲームとコラボする日が来るとは予想だにしていませんでした。

Movable Type 7 では、Data API も Version 4 となり、新しいコンテンツの形である"コンテンツタイプ"に全面対応します。

アイディア次第でもっともっと面白いことや、実務に役立つことが実現できると確信しています。皆さま、ぜひ遊んでみてください。

来月のMT東京は、3/10(土)開催「【MT東京-45】進化する MovableType.net 事例特集&なかなか聞けないお金事情」です。

* * *

参加者の皆さま、主催者のMT東京の皆さま、おつかれさまでした!さて、今日も最近のシックス・アパートのニュースをまとめてご紹介します。

第3回CMSプロレス「ウェブサイト表示速度 最速王者決定戦」観戦レポートの巻 [ほぼ週刊SA]

こんにちは、広報のことぶきです。

今日の [ほぼ週刊シックス・アパート] は、2月17日(土)に株式会社ロフトワークさん主催で開催されたイベント「第3回CMSプロレス ウェブサイト表示速度 最速王者決定戦 | Event | 株式会社ロフトワーク」の模様をご紹介します。レポートは、MovableType.net マーケ担当の中山です。

* * *

第3回目となる今回のCMSプロレスのテーマは「ウェブページ速度改善 "最速王者決定戦"」、トーナメント形式で「Test My Site」の計測結果を争うものでした。課題は「津田塾大学の受験生向けサイトの表示を一秒でも早く表示する」ということで、熱い戦いが繰り広げられました。

参戦したのはWeb制作者、CMS開発者、CDNの開発事業者の方などさまざまな立場の方々で、登場したCMSも Hugo、concrete5、Craft CMS、WordPress、Movable Type と盛りだくさんです!

各チーム「どこを工夫して、表示スピードを速くするか」というところに違いがあり、その設計とこだわりが見どころでした。

IMG_9883_s.JPG

Movable Type で参戦された方々が語っていたポイントは「ソースコードはまったく変更ナシで、Google製の mod_pagespeed で効率的にファイルを最適化しました」(アイデアマンズ 能勢さん)、「コードの記述は最小限にするなど基本的な対応はもちろん、お客様に実際に提案する環境を想定して、サーバー費用などのコストを抑えて設計しました」(デジタルアイデンティティ 徳山さん)とのことでした。お二人とも、それぞれの現場で多数の案件に対応してきた実績が伝わる、現実的な設計ですね。

今回のCMSプロレスで、優勝されたのは、CDNを開発されている合同会社レッドボックスの方々でした!CMSはWordPressを選択し、フロントエンドとインフラをチームで分業して対策したそうで、安定して高速表示できたことが審査員の方々に評価されていました。おめでとうございます!

CMSプロレスの第1回第2回と優勝した Movable Type の三連勝を逃したのは残念でしたが、さまざまなCMSやサービスの本気の高速化テクニックを見ることができ勉強になりました!

* * *

参戦した皆さま、参加者の皆さま、主催者のロフトワークさん、おつかれさまでした!さて、今日も最近のシックス・アパートのニュースをまとめてご紹介します。

page top