クラウド版を体験できるハンズオンや、導入相談会を毎月開催しています

Movable Type クラウド版

クラウドにインストールされた最新版の Movable Type をそのまま利用できるマネージドサービスです。
面倒なインストール作業やサーバー監視などは一切不要。
環境を Movable Type に最適化することにより、高いパフォーマンスを実現しています。

プラン・料金 お問い合わせ

Movable Type クラウド版の特長

管理画面の表示スピードは約3倍! 再構築も約1.6倍のスピードを実現

環境を Movable Type に最適化し、仮想サーバーの能力を最大限に発揮できるように徹底的にチューニング。管理画面の動作が高速で快適に利用できます。また、再構築スピードは、はソフトウェア版を標準的な構成で利用している場合の約1.6倍のパフォーマンスが出るようになっています。

記事一覧の表示スピード

記事一覧の表示スピード

記事作成画面の表示スピード

記事作成画面の表示スピード

再構築スピード

再構築スピード

※ 記事数920件で、同等スペックのサーバー環境で比較

サーバー管理・セキュリティ対策はお任せ! 常に最新版で安全安心

CMSのバージョンアップや、OS やミドルウェアのアップデートはシックス・アパートが実施。セキュリティフィックスも即座に行われ、常に安全な環境で利用できるため安心です。また、サーバーのプロセス監視もシックス・アパートが行っており、問題発生時には素早く対応。管理、メンテナンスのコストを大幅に削減できます。

テクニカルサポート付きで、トラブル時も安心

毎月の利用料金には、メールでのテクニカルサポートも含まれています。技術的なトラブルや疑問が発生した場合にも安心です。

クラウド版独自の機能で運用時の細かな要求にも対応

クラウド版は、マネージド・サービスのため、サーバー設定等の自由度が制限されますが、Basic認証や、URLごとのリダイレクトの設定など、必要な設定を管理画面から行えるようになっています。さらに、コンテンツを外部のサーバーへ配信して公開できるサーバー配信機能なども搭載しています。

運用中のウェブサイトを Movable Type クラウド版に引っ越しできます

Movable Type クラウド版には「無料引っ越しサービス」が付いています。現在運用しているサイトを Movable Type に移行したいけれど、どうすればいいのかわからない……そんな場合にぜひご利用ください。

プラン・料金

それぞれのプランで、CPU、メモリ、ディスク容量が異なります。ご利用の用途にあったプランをお選びください。
プラン選びのポイントはこちら

クラウド基盤にIDCフロンティア社のクラウドサービスを使用。高い信頼性と、高品質なネットワークが同社により保証されています。

プラン CPU メモリ ディスク マルチドメイン対応 料金(月額・税抜)
S1i 1CPU
(0.8GHz相当)
1GB 10GB 5,000円
S2i 1CPU
(1.6GHz相当)
2GB 10GB 8,000円
S250i 1CPU
(1.6GHz相当)
2GB 50GB 12,000円
S4i 1CPU
(2.4GHz相当)
4GB 10GB 19,000円
S450i 1CPU
(2.4GHz相当)
4GB 50GB 28,000円
S4100i 1CPU
(2.4GHz相当)
4GB 100GB 35,000円
S4300i 1CPU
(2.4GHz相当)
4GB 300GB 60,000円
S4500i 1CPU
(2.4GHz相当)
4GB 500GB 85,000円

※サポートは月額料金に含まれます。
※1年一括払いも可能です。
※全てのプランで仮想マシン1台専有。利用可能ユーザー数、ブログ・サイト数は無制限です。
※ディスク容量にはバックアップファイルが含まれます。バックアップファイルの容量は、お客様のコンテンツのサイズにより変わります。なお、Movable Type のシステム領域は含まれません。

以下のお客様はお問い合わせフォームよりご相談ください。最適なプランをご提案いたします。

  • 利用するネットワーク帯域が10Mbps以上になることがある
  • 月間PVが100万を超えることがある
  • 月間転送量が3TBを超えることがある

お申し込みはECバイヤーズから

Movable Type クラウド版 契約者向けオプションサービス

Movable Type クラウド版をご利用のお客様向けに、以下のオプションサービスを提供しています。いずれも、シックス・アパートへのお申し込み・お支払いとなります。

CDNサービス

IDCフロンティア社の「コンテンツキャッシュ」との連携が可能です。「コンテンツキャッシュ」は、パワフルでシンプルなCDN(Content Delivery Network:コンテンツ配信網)サービスです。ウェブ高速化やアクセス増大時の高負荷対策に効果的で、安定した運用を実現します。

  • 申し込み:Movable Type クラウド版 マイページよりサポートまでご連絡ください
  • サービス利用料金:下記、IDCフロンティア社に準じます(シックス・アパートから請求)
従量制 月間 100TBまで 9.0円 / GB
月間 100TB超過分 6.0円 / GB

※初期費用、リクエスト数課金は不要です。

サンドボックス作成サービス

契約中のプランと同じ環境に、お申し込み時点の本番環境のデータ等をすべてコピーし、検証やトレーニングを安心して行っていただくためのサンドボックス環境を提供します。本番のシステム、データに影響を一切及ぼさずに検証などが行えます。

  • 申し込み:Movable Type クラウド版 マイページよりサポートまでご連絡ください
  • サービス利用料金:契約中のプランの月額料金1カ月分(シックス・アパートから請求)
  • 利用できる期間:お申し込み完了から、お申し込み月の翌月末日まで

プラン選びのポイント

Movable Type クラウド版は、ソフトウェア版同様、さまざまな形態のサイトに対応可能です。
下記のポイントをご参考いただき、プランをお選びください。

ポイント1 サイトの運用人数は?

運用人数が多いほど、記事を更新するなどの処理が同時に発生する可能性が高くなるため、以下の様な目安を設定しています。

運用人数が1名

例:不定期で、1名の担当者がニュースやお知らせ記事を更新する

⇒ XS/S1プラン

運用人数が2~3名

例:コンテンツの担当者がそれぞれにいて、2~3名が同時に更新をする可能性がある

⇒ S2プラン

運用人数が4名以上

例:メディア系のサイト等で、複数のライターや編集者によって記事公開作業が行われ、更新頻度も高い

⇒ S4以上のプラン(S4・S450・S4100・S4300・S4500)

ポイント2 プラグインの利用は?

プラグインによりプロセスが常時発生していると、操作の快適性が低下します。プラグインの種類にもよりますが、Movable Type クラウド版でよくご利用いただいている下記のプラグインを導入される場合は、快適にご利用いただくため、S2以上のプランをお勧めします。

ポイント3 マルチドメインでの公開は?

S4以上のプラン(S4・S450・S4100・S4300・S4500)では、Movable Type内に構築するウェブサイト単位でドメインを設定することが可能です。Movable Type クラウド版 1契約(1つのクラウドインスタンス)で、複数のドメインのサイト公開をされたい場合は、S4以上のプランをお選びください。

※ 設定できるドメイン数は最大10件までです。
※ www有無の統一は全プラン可能です(お客様側でDNSの設定が必要です)

ポイント4 想定されるデータ量は?

想定される総データ量(コンテンツ+そのバックアップ)をご確認いただき、10GBを超えるようであれば、S250i、S450〜S4500をご検討ください。

  • XS・S1・S2・S4 ⇒ 10GB
  • S250i・S450 ⇒ 50GB
  • S4100 ⇒ 100GB
  • S4300 ⇒ 300GB
  • S4500 ⇒ 500GB

ポイント5 モバイルアクセスの振り分けは?

PC向けサイトと異なるURLでモバイルサイトを用意し、自動で振り分けて表示させる場合など、ユーザーエージェントによるリダイレクトが必要な場合は、S4以上をお選びください。

マルチドメインの設定方法
  • A-Form
  • A-Member
  • ケータイキット

クラウド版のサービス仕様もご参照下さい。

以下のお客様はお問い合わせフォームよりご相談ください。最適なプランをご提案いたします。

  • 利用するネットワーク帯域が10Mbps以上になることがある
  • 月間PVが100万を超えることがある
  • 月間転送量が3TBを超えることがある

契約後のプラン変更は?

上記は、ご利用開始時に目安にしていただくポイントとなります。ご契約後、利用者数、プラグインの稼働状況などに合わせて、プラン変更を行っていただくことも可能です。

お申し込みはECバイヤーズから

お問い合わせ

Plugins & Solutionsクラウド版に対応しているプラグイン・ソリューション

  • Ketai Kit

    フィーチャーフォン対応を含めたマルチデバイス対応を可能にします。

  • CHECK RELEASE

    ワークフロー機能を追加し、記事の公開申請、公開承認処理を行うことができます。

  • A Form

    お問い合わせやアンケートなどのフォームを簡単に作成できます。

  • A Member

    会員制サイトを構築できます。

  • MTAppjQuery

    Movable Type の管理画面を、jQuery を使ってユーザーのニーズに合った形にカスタマイズできます。

  • Image Upload Utility

    より柔軟なマルチアップロード、画像編集など、アイテムアップロード周りの機能を強化できます。

  • MailForm

    ウェブサイトにメールフォームを設置できます。

  • FreeLayoutCustomField

    Movable Type 管理画面上のカスタムフィールドを、HTMLとCSSでレイアウトすることができ、複雑な構造のデータの入力を容易にします。

  • Copy This Entry

    既存記事をカスタムフィールドの内容も含めて複製する形で、記事の新規作成が可能になり、更新担当者の作業負荷を軽減します。

  • KetaiPost

    携帯メールで記事を投稿できます。

この他の、クラウド版でご利用いただける(プラグイン作者がクラウド版対応を公表している)プラグインは、
プラグインディレクトリをご覧ください。

MTクラウド対応 - Movable Type Plugins And Themes Directory

日本女子サッカーリーグ オフィシャルサイトがMovable Typeを使う理由

導入事例

日本女子サッカーリーグ オフィシャルサイトがMovable Typeを使う理由

日本国内の女子スポーツで、「なでしこジャパン」の活躍とともに、注目を集めている女子サッカー。その基盤となっているのが一般社団法人日本女子サッカーリーグだ。100人近いスタッフのいる男子サッカーのJリーグとは違い、6名というコンパクトな事務局でリーグのすべてを切り盛りしている日本女子サッカーリーグ。今シーズンのスタートに合わせ、少ない人数で速報性を保ちつつ効率的な運用を実現することを目指し、公式サイトのリニューアルを行……

ユーキャンが Movable Type クラウド版を使う理由

導入事例

ユーキャンが Movable Type クラウド版を使う理由

「生涯学習のユーキャン」を掲げ、主に社会人を中心とした資格系の通信講座や、趣味、教養系の講座などの通信教育事業を幅広く展開する株式会社ユーキャン。受講スタイルの多様化に応えるべく、Webの活用に注力する同社は、受講者向けのクローズドな学習支援サイトで提供する一部コンテンツの管理ツールに、「Movable Type」(MT)をクラウド上で利用できるマネージドサービス「Movable Type クラウド版」(MTクラウド……

弥生「スモビバ!」がMovable Type クラウド版を使う理由

導入事例

弥生「スモビバ!」がMovable Type クラウド版を使う理由

「弥生会計」「やよいの青色申告」をはじめとする中小企業・個人事業主・起業家向け業務ソフトウェアを手がける弥生株式会社。同社は、スモールビジネスの業務や経営で直面する「困りごと」の解決をコンセプトに、オウンドメディア「スモビバ!」を開設した。サイト基盤には、クラウド上の「Movable Type」(MT)を利用できるマネージドサービス「Movable Type クラウド版」が採用された。MT クラウド版採用の経緯や効果……

山口情報芸術センター(YCAM)がMovable Typeを使う理由

導入事例

山口情報芸術センター(YCAM)がMovable Typeを使う理由

山口市にある山口情報芸術センター(YCAM:ワイカム)は、2003年の開館以来、メディア・テクノロジーを用いた新しい表現の探求を軸に、展覧会や公演、映画上映、子ども向けのワークショップなど、多彩なイベントを開催するアートセンターだ。ポータルサイトは、YCAMの活動分野の広がりへの対応、および、SNSやモバイルをはじめとする新しい環境に対応すべく、8年ぶりに大規模なリニューアルを実施。今回のリニューアルについて、山口情……

ぐるなびがMovable Type Advanced+PowerCMSを使う理由

導入事例

ぐるなびがMovable Type Advanced+PowerCMSを使う理由

グルメ情報検索サイト最大手として収録店舗数50万件を擁し、月間11億PVのアクセスを集める「ぐるなび」は、利用者の多様な検索ニーズに応えながら成長を続けている。同サイトは、TOPページを含めた主要なページのいくつかをCMSに移行し、情報更新のスピード向上や、情報を容易に更新できる体制を整備した。CMSには、「Movable Type」(以下、MT)のエンタープライズ版「Movable Type Advanced」に、……

医師自ら発信するニュースサイト「Aging Style」がMovable Type for AWSを使う理由

導入事例

医師自ら発信するニュースサイト「Aging Style」がMovable Type for AWSを使う理由

これまで企業が運営する医療・健康・美容などの情報サイトはあったが、「Aging Style」がそれらと一線を画しているのは、医師自らが立ち上げ・運営にかかわっているという点。J-CASTニュースなどのニュースメディアを複数展開する株式会社ジェイ・キャストとの共同運営により、社会的意義を持ち、将来にわたって有益な情報を提供し続けられるメディアを目指している。 今回は、「Aging Style」を共同運営する一般財団法人……

グロスディーがPowerCMSを使う理由

導入事例

グロスディーがPowerCMSを使う理由

2013年10月、トッパン エムアンドアイ株式会社(現TMIソリューションズ株式会社)のパートナー事業を分離する形で、IBM製品を販売する指定ディストリビューターとして設立された株式会社グロスディー。同社は、市場のニーズに応じて拡大する取扱製品と、パートナー企業とのコミュニケーション活性化を目的に、会員制の情報発信サイト「Partners inDex」(パートナーズインデックス)を開設。CMSには「Movable T……

山中会計事務所が Movable Type クラウド版を使う理由

導入事例

山中会計事務所が Movable Type クラウド版を使う理由

平成13年に税理士や弁護士をはじめとする専門8職種の広告が原則自由となって以来、ウェブ集客を目指す士業事務所のホームページ開設が一般的となっている。業務内容・料金・連絡先などの必要な要素を並べただけの味気のないホームページや、料金の安さをアピールするばかりのホームページが多く、本来こういった職業に必要な信頼や安心感といった部分がないがしろにしているものも少なくない。 そのような流れに逆らうように、山中会計事務所ではホ……

大気社がウェブ社内報に MTCMS(Movable Type)を使う理由

導入事例

大気社がウェブ社内報に MTCMS(Movable Type)を使う理由

オフィスビルなどの空調設備や、半導体、電子部品工場等のクリーンルーム、自動車の塗装システムの設計、施工の大手である株式会社大気社。同社は、国内の従業員約1,500名を対象としたWeb社内報の更新性を高め、担当者の作業負荷を軽減することなどを目的に、社内報サイトをCMS化した。CMSには Movable Type (以下、MT)をベースにCMS機能を強化した「MTCMS」が採用された。今回のリニューアルについて、同社管……

マーケティングメディア「MAKEPO」が Movable Type を使う理由

導入事例

マーケティングメディア「MAKEPO」が Movable Type を使う理由

30代までのメディア接触がネット優位となっている昨今。若年層へのリーチを確実にするためには、各企業がインターネット上で自社メディア(以下オウンドメディア)を展開することが不可欠になってきている。 インターネットビジネスの企画・開発・運営、マーケティングコンサルティングなどを手掛ける株式会社ノイズでも、2014年5月よりマーケター層にターゲティングしたオウンドメディア「MAKEPO(マケポ)」(以下「MAKEPO」)を……

ドキュメントやユーザー向けのイベント案内はこちら

MovableType.jp

Movable Type のくわしい使い方や、タグリファレンス、開発者向けのドキュメントなどは、MovableType.jp で公開しています。ユーザー向けのイベント情報などもぜひこちらをチェックしてください。

Movable Type ソフトウェア版は無料トライアルが可能です。
ライセンスの購入、クラウド版の申し込みは、製品購入からお進みください。